@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

無理【ムリ】

デジタル大辞泉

む‐り【無理】
[名・形動](スル)
物事の筋道が立たず道理に合わないこと。また、そのさま。「無理を言われても困る」「怒るのも無理はない」「無理な言いがかり」
実現するのがむずかしいこと。行いにくいこと。また、そのさま。「無理を承知で、引き受ける」「無理な要求をする」
しいて行うこと。押しきってすること。また、そのさま。「もう無理がきかない」「無理に詰め込む」「あまり無理するなよ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

むり【無理】
名 ・形動 スル [文] ナリ 
道理に反すること。筋道の通らないこと。また、そのさま。 -を通す -な言い分 怒るのも-はない -からぬこと
行うのがむずかしい・こと(さま)。 -な注文を出す 子供には-な仕事
困難を承知で強引に行う・こと(さま)。 -に詰め込む -することはない -がきかない -がたたる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

む‐り【無理】
〘名〙 (形動)
① 道理に反すること。理由のたたないこと。また、そのさま。非道。〔文明本節用集(室町中)〕
※史記抄(1477)一五「竇嬰灌夫二公は、無理なる罪に逢たぞ」 〔韓愈‐答柳柳州食蝦蟇詩〕
② (━する) しいて行なうこと。強引に事をなすこと。わざとそれらしくすること。また、そのさま。
※三国伝記(1407‐46頃か)六「地獄を作りて、凶人を獄率と為し、無理に罪人を堕す」
※三とせの春は過ぎやすし(1973)〈杉浦明平〉九「むりして東京に入ることもない」 〔顔氏家訓‐省事〕
③ 行ないがたいこと。また、そのさま。困難。
※評判記・剥野老(1662)跋「かかるこはごはしきむばらの口はあくるが無理なれども、ただうちあらはれたる玉のきずをのみしるすなめり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無理」の用語解説はコトバンクが提供しています。

無理の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation