@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

無着【むじゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

無着
むじゃく
Asaṅga
[生]310頃. ガンダーラ,プルシャプラ
[没]390頃
インド仏教の唯識学派の学者。サンスクリット語アサンガの訳で無著とも書く。世親の兄。初め出家して上座部仏教を学んだが悟りを得ることができず,一時は自殺をすら決意した。のちにマイトレーヤ (弥勒弥勒菩薩とは別) の教えを受けて唯識説を教示され,それを組織的に論述し,インド教思想史上,きわめて重要な位置を占める。主著摂大乗論』『六門教授習定論』『順中論』『金剛般若経論』『顕揚聖教論』『大乗阿毘達磨集論』など。奈良,興福寺運慶作の無着菩薩立像がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

む‐じゃく〔‐ヂヤク〕【無着/無著】
仏語。執着のないこと。無執(むしゅう)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むじゃく【無着/無著】[人名]
《〈Asaṅgaの訳》[310~390ころ]インドの大乗仏教の論師。世親の兄。ガンダーラの人。初め小乗であったが、弥勒(みろく)から空観(くうがん)を学んで大乗に転じ、瑜伽(ゆが)行・唯識説を大成した。著「摂大乗論」「金剛般若論」「順中論」など。無著菩薩。阿僧伽(あそうぎゃ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

むじゃく【無着】
執着しないこと。無執。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むじゃく【無着】
Asanṅga 310頃~390頃 インド大乗仏教の論師。世親せしんの兄。北インドのガンダーラ出身。初め上座部(小乗)系の化地部けじぶの僧であったが、弥勒みろく(マイトレーヤ)の教えを受けて大乗に転じ、唯識説を体系化した。著「摂大乗論」「金剛般若経論」「順中論」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

む‐じゃく ‥ヂャク【無着】
〘名〙 仏語。執着のないこと。無執。
※貞享版沙石集(1283)九「空といふは、無著の心、万法の不可得の理を達する姿なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無着」の用語解説はコトバンクが提供しています。

無着の関連情報

関連キーワード

コンスタンティヌス(大帝)議決権劉淵コンスタンティヌス[1世]マクシミアヌスマクシミヌス・ダイア劉淵劉淵エウセビウスオゾン層

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation