@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

無線報時【むせんほうじ】

世界大百科事典 第2版

むせんほうじ【無線報時】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

無線報時
むせんほうじ

電波を利用して時刻を知らせること。無線電信の発明により1905年アメリカで無線報時が始まり、日本も1911年(明治44)東京天文台で測定した標準時を有線で銚子(ちょうし)無線電信局(千葉県)へ送信し、同局から無線電信をもって放送することを計画、試験期間を置いて翌年9月1日から正式に実施した。当時は一定時に分秒を送信する定時報時であったが、短波技術の進歩に伴って1938年には短波報時が、1948年には長波報時が始まり、現在では連続的に標準周波数の搬送波を発射し、これに音声波による変調、または搬送波の切断によって秒信号を表示する標準電波報時形式が主として行われている。通報される時刻は協定世界時に基づくものである。なお、短波報時は2001年(平成13)3月末に廃止され、現在は長波報時のみが発射されている。

[渡辺敏夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無線報時」の用語解説はコトバンクが提供しています。

無線報時の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation