@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

無記名定期預金【むきめいていきよきん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

無記名定期預金
むきめいていきよきん
特別定期預金ともいう。預金者の住所氏名が秘匿されている定期預金であって,預け入れに際しては印鑑だけを届け出させ,預金証書無記名で発行されるもの。そして払戻しの際も届け出印を押捺させ,その呈示者に元利金を支払う。この預金は預金者が秘匿されているだけで,性質は普通の定期預金と同様で,無記といっても受取人を特定しない無記名債権ではなく,氏名こそ表示されていないが預金者は特定しているので指名債権であり,したがってこの預金の預金証書は単なる証拠証券であって有価証券ではない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

むきめい‐ていきよきん【無記名定期預金】
住所・氏名を秘匿し、取引に使用する印鑑を届け出るだけで契約される定期預金特別定期預金

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

むきめいていきよきん【無記名定期預金】
秘密保持のため住所・氏名を明示せず、取引に使用する印鑑の届け出のみで契約される定期預金。特別定期預金。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むきめい‐ていきよきん【無記名定期預金】
〘名〙 定期預金の一つ。住所氏名を届ける必要がなく、定期預金証書と届出印鑑だけで出入を行なうもの。財産を秘密にしておきたい場合などに利用する。特別定期預金。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無記名定期預金」の用語解説はコトバンクが提供しています。

無記名定期預金の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation