@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

無造作【ムゾウサ】

デジタル大辞泉

む‐ぞうさ〔‐ザウサ|‐ザフサ〕【無造作/無雑作】
[名・形動]
たやすいこと。また、そのさま。「頼みを―に引き受ける」
技巧をこらさないこと。念入りでないこと。また、そのさま。「―な筆づかい」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

む‐ぞうさ ‥ザウサ【無造作・無雑ザフ作】
〘名〙 (形動)
① (「造作」はつくりだすこと。つくりあげること) 仏語。何もしないこと。何も智慧などはたらかさないこと。また、そのさま。
※正法眼蔵(1231‐53)弁道話「このもろもろの当人の知覚に昏せざらしむることは、静中の無造作にして、直証なるをもてなり」
② 技巧をこらしていないこと。簡潔なこと。また、そのさま。
※俳諧・類船集(1676)末「かりに立る小屋かけ物見の桟敷は、おほくは丸太をよせてするこそ無造作なれ」
③ 造作がないこと。たやすいこと。あるいは、簡単で手軽であること。また、そのさま。
※直方敬斎箴講義(17C後)「つつしみおそれて、ちっとも事をむざうさにたやすふせぬ」
※俳諧・水馴棹(1705)「悟ったる僧引導の無造作よ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無造作」の用語解説はコトバンクが提供しています。

無造作の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation