@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

無量光院跡【ムリョウコウインアト】

デジタル大辞泉

むりょうこういん‐あと〔ムリヤウクワウヰン‐〕【無量光院跡】
岩手県西磐井(にしいわい)郡平泉町にある寺院跡。藤原秀衡平等院鳳凰堂を模して建立したもの。現在は池跡や礎石のみが残る。西側に金鶏山がある。平成23年(2011)「平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺産群-」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。→平泉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイド

むりょうこういんあと【無量光院跡】

岩手県西磐井郡平泉町平泉にある寺院跡。藤原秀衡(ひでひら)が宇治平等院を模して建立したと伝えられる。寺域は東西約240m、南北約270m。鉄道工事で一部は損壊したが、土壇、土塁、礎石および庭石などは残り、1922年(大正11)に国指定史跡となった。1952年(昭和27)の調査の結果、本堂は正面5間、側面4間で、桁行は左右に折れ曲がり、延長9間、梁間1間の翼廊が続き、池の中島には栗石一面に敷設されていた。3ヵ所に建物があったことも確認され、庭園の規模はたしかに宇治平等院に似せられていた。1955年(昭和30)には特別史跡となり、2008年(平成20)に追加指定があった。平安時代後期における寺院跡で規模が明らかになったものは少なく、学術上の価値は高い。2011年(平成23)に「平泉の文化遺産」として、世界遺産に登録された。JR東北本線平泉駅から徒歩約8分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

無量光院跡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

無量光院跡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation