@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

無限小【むげんしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

無限小
むげんしょう
infinitesimal
数学において,ある変数が0に収束するとき,その変数は無限小になるといい,無限小になる変数を,単に無限小という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

むげん‐しょう〔‐セウ〕【無限小】
限りなく小さいこと。
数学で、変数が限りなく零に近づくこと。また、その変数。⇔無限大

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

むげんしょう【無限小】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

無限小
むげんしょう
infinitesimal

関数f(x)について、xa(またはxa+0,xa-0,x→∞など)のときf(x)→0となるならば、xaのときf(x)は無限小であるという。

 二つの無限小f(x),g(x)に対して

ならばf(x)はg(x)より高位の無限小であるといい、これをf(x)=o(g(x))と書き表す。また、x=aの近傍でf(x)/g(x)が有界のとき、これをf(x)=O(g(x))と書き表す。記号oOはランダウの記号とよばれている。また、

が存在して0でないとき、f(x)の無限小の位数はnであるという。


であるから、x→0のとき、sin xは1位の無限小である。1-cos xは2位の無限小、log(1+x)は1位の無限小である。

 f(x)がx=aの近傍で定義され、そこでn回微分可能ならば、f(x)のテーラー展開は、

と書くことができる。そして、f(a)=0ならば、xaのときf(x)は無限小であるが、このとき、f(a),f′(a),f″(a),……のうち、初めて0でないものf(k)(a)について、f(x)はk位の無限小となる。

〔例2〕

x→0のとき無限小であるが、二項定理により、

であるから、

となり、これは1位の無限小であることがわかる。

 f(x),g(x)がともに無限小のとき、

を不定形の極限値という。このときf(x),g(x)にテーラーの定理を適用して、極限値を求めることができる。また、ロピタルの定理というのが著名である。

〔例3〕x→0のとき、cosx=1-1/2x2+O(x4)であるから、

[竹之内脩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むげん‐しょう ‥セウ【無限小】
〘名〙
① (形動) 限りなく小さいこと。小ささが限りないこと。また、そのさま。
※死霊‐二章(1946‐48)〈埴谷雄高〉「その針の先端のような一点で、無限小の微粒子に化すと同時に」
② 数学で、変数xの絶対値がどんなに小さな正数よりもなお小さくなる場合の、その変数xの状態のこと。記号 x→0 を用いて表わす。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無限小」の用語解説はコトバンクが提供しています。

無限小の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation