@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

焦電効果【しょうでんこうか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

焦電効果
しょうでんこうか
pyroelectric effect
電気石,酒石酸などの強誘電体結晶体の一部を加した際に,表面誘電分極により電荷が現れる現象温度上昇によって分極が減少し,それに見合う量の電荷が現れることによって生じる。この効果を利用した赤外線検出器が実用化されているが,材料には,硫酸グリシン (H2NH2COOH)3・H2SO4 (triglycine sulfate略して TGS) ,ニオブ酸ストロンチウム・バリウム (SrxBa1-x)NbO3 などが使用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょうでん‐こうか〔セウデンカウクワ〕【焦電効果】
電気石酒石酸などの誘電体結晶に熱を加えたとき、その表面の両端正負電荷が分かれて発生する現象。このような現象を示す物質焦電体という。パイロ効果ピロ効果

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

焦電効果【pyroelectric effect】
パイロ電気効果*ともいう.電気石(トルマリン)などの結晶を加熱すると,分極が生じる結果,結晶の両端に起電力が生じる現象をいう.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

焦電効果」の用語解説はコトバンクが提供しています。

焦電効果の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation