@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

焼塩【ヤキシオ】

デジタル大辞泉

やき‐しお〔‐しほ〕【焼(き)塩】
精製されていない塩を煎って苦汁(にがり)分を不溶化した塩。純白となり、苦みが消え、吸湿性も少なくなる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やき‐しお ‥しほ【焼塩】
〘名〙 粗製の食塩を焼いて作った純白のさらさらした塩。素焼きのつぼなどに入れて蒸し焼きにすると、粗製塩中の塩化マグネシウムが吸湿性のない酸化マグネシウムに変わるため、苦みがとれ湿気(しけ)にくくなる。炒塩(いためじお)
※蔭凉軒日録‐延徳三年(1491)三月一一日「見焼塩一包云」
※俳諧・鷹筑波(1638)五「田子の浦のやきしほなれや富士の雪〈道節〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やく【焼】 塩(しお)
海水を焼いて製する塩。多く、和歌の序詞の末におき、「やくしおの」の形で、「思ひぞ焼くる」や「辛(から)し」などの語句を引き出すのに用いられている。
※万葉(8C後)一・五「あみの浦の 海処女(あまをとめ)らが 焼塩(やくしほ)の 思ひそ焼くる 吾が下心」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

焼塩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

焼塩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation