@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

焼豚【やきぶた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

焼豚
やきぶた
中国名を叉焼肉 cha-shao-rouといい,日本ではチャーシューともいう。中国の直火焼料理の代表で,一般に豚肉を用いる。直接食べるほか,ラーメンやチャーハンの具に用いられる。このほか,直火焼には,かも,あひる,などの丸焼がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やき‐ぶた【焼(き)豚】
豚肉の下味をつけて、天火などで焼いたもの。チャーシュー。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やき‐とん【焼(き)豚】
豚の肉や臓物を串に刺し、たれまたは塩をかけて焼いたもの。→焼き豚(ぶた)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やき‐ぶた【焼豚】
〘名〙 豚肉のかたまりを醤油に酒、香辛料を加えたたれにつけて天火などで焼いたもの。チャーシュー。
※鰻の皮━小供を戒む(1922)〈葛西善蔵〉「焼ブタだらうと思って箸をつけなかったら、それが鴨のロースだったと云った訳だった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

焼豚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

焼豚の関連情報

関連キーワード

チャ・チャ・チャチャチャチャボクらの夢によろしくBeginning舞曲酢豚四字熟語の中のオノマトペチャータム教会タイシャーロット・ホーネッツ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation