@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

煆焼【かしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

煆焼
かしょう
calcining; calcination
金属の水酸化物炭酸塩加熱して結合水炭酸ガスを追出し,酸化物を得る方法。石灰石 CaCO3 を焼いて生石灰 CaO とするのがその例で,反応は CaCO3+加熱→CaO+CO2 である。金属製錬で重要なのは,バイヤー法で得られる高純度水酸化アルミニウムを 煆焼して純アルミナを得る工程で,反応は 2Al(OH)3+加熱→Al2O3+3H2O である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

か‐しょう〔‐セウ〕【×煆焼】
ある物質を強く熱して脱水分解などを起こさせ、揮発成分を除くこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かしょう【煆焼 calcination】
工業的加熱操作の一つ。固体原料を加熱し,熱分解により揮発性成分を脱出させ,安定な生成物を取得する処理をいう。加熱温度は固体が融解しない範囲である。原料組成は多くの場合,水酸化物,水和物,炭酸塩,硝酸塩硫酸塩,有機酸塩などであり,煆焼により,固体酸化物と揮発分(ガス)が得られる。煆焼反応を一般的に示すと,(Sは固体,Gは気体,(A),(B),……は物質の種類)となる。代表的な煆焼反応は石灰石の熱分解CaCO3―→CaO+CO2である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

か‐しょう ‥セウ【煆焼】
〘名〙 化学処理の加熱操作の一つ。試料物質を熱して、脱水、分解などを起こさせ、揮発成分を分離すること。石灰石を熱して二酸化炭素を発生させるのはその一例。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

煆焼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

煆焼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation