@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

煙景・烟景【えんけい】

精選版 日本国語大辞典

えん‐けい【煙景・烟景】
〘名〙
① 霞がたなびいた春の景色。
※経国集(827)一一・早春観打毬一首〈嵯峨天皇〉「芳春烟景早朝晴、使客乗時出前庭」 〔李白‐春夜宴桃李園序〕
② (中国、唐の崔塗の詩「春夕旅懐」にみえる「五湖煙景有誰争」の「五湖」と「五箇(五百文)」の音が通ずることから、「五湖」との連想による) 銭五百文の異名。遠景。煙草(えんそう)
※蔭凉軒日録‐長享三年(1489)正月一二日「以煙景高岡

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

煙景・烟景」の用語解説はコトバンクが提供しています。

煙景・烟景の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation