@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

煙草【タバコ】

デジタル大辞泉

タバコ【煙草/莨】
ナス科の多年草。日本では一年草。高さ1.5~2メートルになり、大きい楕円形の葉が互生する。夏、細長いらっぱ状の淡紅色の花を多数開く。葉にニコチンを含み、喫煙用に加工したり、殺虫剤原料としたりする。南アメリカの原産で、桃山時代輸入 花=秋》
タバコの葉を乾燥・加工したもの。火をつけて吸煙する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

煙草 (タバコ・ケムリグサ;ケブリグサ)
学名:Nicotiana tabacum
植物。ナス科一年草,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

煙草
たばこ
室町末期,ポルトガル人が伝えた作物。葉を乾燥させて喫煙する
ポルトガル語tabacoによる。刻みたばこを煙管 (きせる) で吸う。江戸幕府慶安御触書などで,たびたび喫煙を禁止したがやがて黙認商品作物として普及し,薩摩国分 (こくぶ) などが特産地として有名。1904年日露戦争に際して専売法を発布

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

煙草」の用語解説はコトバンクが提供しています。

煙草の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation