@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【スス】

デジタル大辞泉

すす【×煤】
有機物の不完全燃焼によって生じる炭素の黒い微粒子。「ストーブからが出る」
煤煙とほこりが一緒になって天井などについたもの。「天井のをはらう」
煤色(すすいろ)」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばい【煤】[漢字項目]
人名用漢字] [音]バイ(漢) [訓]すす
すす。「煤煙煙煤
石炭。「煤炭

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すす【煤 soot】
炭化水素などの有機物より不完全燃焼あるいは熱分解によって生じた黒色無定形の微末物質で,その成分は大部分が炭素であり,そのほか若干の酸素および微量窒素,水素を含んでいる。同時にその表面の顕微鏡的状態は原料や生成条件ないし製法により異なり,単なる炭素微粒とは異なっている。すすは化学的組成としては工業的製品であるカーボンブラックと変わることはないが,すすという語感にはそのような工業的製品と区別して,火のあるところに自然発生的に生じた黒い炭素微粒を指す場合が多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ばい【煤】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すす【煤】
煙にまざって飛ぶ黒色の炭素の粉。油煙。 -で顔が汚れる
煙がほこりと一緒に固まって壁・天井などについた汚れ。 -払い

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


すす
炭化水素が熱分解、あるいは不完全燃焼するときに生成する黒色無定形の微粉末物質。の原料となる。工業的製品をカーボンブラックという。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すす【煤】
〘名〙
① 物が燃える際に、煙とともに出る黒い炭素の微粒子。また、それが梁の上、天井、煙突等に付着したもの。
※古事記(712)上「登陀流(とだる)天の新巣の凝烟〈凝烟を訓みて州須(スス)と云ふ〉の、八拳垂る摩弖(まで)焼き挙げ」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉五「真黒な煤がランプの光で輝やいて」
② 煤をとりのぞくこと。すすはき。すすはらい。
※俳諧・続猿蓑(1698)上「脇指に替てほしがる旅刀〈芭蕉〉 煤をしまへばはや餠の段〈沾圃〉」
※続春夏秋冬(1906‐07)〈河東碧梧桐選〉冬「茎の石煤の夕に洗ひけり〈楽南〉」
③ 「すすいろ(煤色)」の略。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

す・す【煤】
〘自サ四〙 すすける。古びる。
※万葉(8C後)一一・二六五一「難波人葦火焚(た)く屋の酢四(すシ)てあれど己が妻こそ常めづらしき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すすけ【煤】
〘名〙 (動詞「すすける(煤)」の連用形の名詞化) すすけていること。すすけて黒くなっていること。うす汚く、よごれていること。
※枕(10C終)八七「衣もしろめず、おなじすすけにてあれば、いづち遣(や)りてけんなどにくむ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すす・ける【煤】
〘自カ下一〙 すす・く 〘自カ下二〙
① すすがしみついて黒ずむ。すすがしみ込む。すすばむ。すすぶる。
※宇津保(970‐999頃)蔵開下「火桶のすすけたるに、火わづかにおこしたるに」
② すす色になる。よごれて汚くなる。古ぼけてよごれて色があせる。
※枕(10C終)八七「衣すすけためり。白くて着よとて、投げ取らせたれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すす・く【煤】
〘自カ下二〙 ⇒すすける(煤)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

石炭の粉.→クルム

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

煤の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation