@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

煬帝【ようだい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

煬帝
ようだい
Yang-di; Yang-ti
[生]天和4(569)
[没]義寧2(618).3.11. 江都
中国,隋の第2代皇帝 (在位 604~618) 。亡国の君主,悪帝として著名。本名は楊広。高祖楊堅 (→文帝) の第2子。朝が成立すると晋王に封じられ,開皇8 (588) 年元帥として遠征を指揮してこれを滅ぼした。楊素と結んでの太子勇を失脚させ,同 20年太子となった。即位すると「大業律令」を制定し洛陽東都造営通済渠永済渠江南河を開き,大運河を完成させて,江南物資華北に大量輸送する体制を整え,みずから竜舟に乗って豪奢な巡遊を行なった。遠く吐谷渾 (とよくこん) やチャンパ (林邑) ,流求 (台湾) を征し,四方使節を派遣して入貢を促した。日本から小野妹子が派遣されたのは煬帝の時代であった。晩年高句麗遠征に大敗,江離宮で侍衛の宇文化及らに殺害された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よう‐だい〔ヤウ‐〕【煬帝】
[569~618]中国、の第2代皇帝在位604~618。、名は。文帝(楊堅)の第2子。煬は悪逆な皇帝を示す諡(おくりな)。兄を失脚させ、父を殺して即位。東都や大運河建設などの大土木工事、高句麗(こうくり)遠征などで人民を酷使したため各地反乱が起こり、臣下の宇文化及に殺された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

煬帝 ようだい
569-618 隋(ずい)(中国)の2代皇帝。在位604-618。
天和4年生まれ。初代文帝の次男。589年南朝の陳をほろぼして全国を統一。父の病没(殺害説もある)により即位。大運河の建設や高句麗(こうくり)(朝鮮)遠征の失敗などから反乱がおこり,大業14年(義寧2)3月11日親衛隊に殺された。50歳。裴世清(はい-せいせい)を遣隋使小野妹子の派遣への答礼使として日本におくったことでも知られる。姓は楊。名は広。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ようだい【煬帝 Yáng dì】
569‐618
中国,の2代皇帝。在位604‐618年。名は広。文帝楊堅の次男。母は文献独孤皇后。581年(開皇1)晋王に封ぜられ,南朝陳の併合には行軍元帥となり,突厥(とつくつ)の侵入や江南の鎮撫手腕をみせた。こうした功績と母后の偏愛を巧みに利用し,失脚させた兄の楊勇にかわって皇太子となり,604年(仁寿4)文帝が死ぬと大臣楊素とはかって遺詔改竄(かいざん)し,楊勇などを殺害したうえで位についた。文帝が女婿柳述らのすすめで再び楊勇を立てようとしたため,これを察知した煬帝が先手を打って文帝を弑逆したのだという説もある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

煬帝
ようだい
(569―618)

中国、隋(ずい)の第2代皇帝(在位604~617)。姓は楊、名は広。古来「ようてい」と読まず「ようだい」と読む。煬は悪逆な皇帝を示す諡(おくりな)である。隋の文帝の次子で、母は文献独孤(ぶんけんどっこ)皇后。初め晋(しん)王になり、南朝陳の討滅に活躍し、兄の皇太子勇を失脚させて、自ら皇太子となった(600)。権臣の楊素と結んで帝位についたが、そのとき父文帝を殺し、その妃を犯したといわれている。即位後は万里の長城を修築したり、洛陽(らくよう)に東京(東都)を営造し、南北を結ぶ大運河を完成させるなど、盛んに大規模な土木工事をおこし、人民に過重な負担を与えた。自らこの大運河に竜舟を浮かべて、華美な巡幸をしたが、大運河の開通は、南北を舟運で結び、江南の物資を北へ運びやすくし、南北融合に大きく貢献した。対外的には、北方に強盛を誇った突厥(とっけつ)や西方の吐谷渾(とよくこん)を討ち、また突厥と結ぶおそれのあった高句麗(こうくり)に三度にわたって遠征した。とくに612年の第一次遠征は、113万の大軍と、その倍の輸送隊を動員した大規模なものであった。しかし、それでも高句麗を完全に制圧することはできなかった。

 その第二次遠征のとき(613)、後方で楊玄感の反乱が起こり、これは2か月で鎮定されたが、こののち各地に反乱が起こり、隋末の反乱期に入った。これは、煬帝の過重な人民の酷使のうえに、飢饉(ききん)、水害が重なったためである。しかし煬帝は大業礼、大業律令(りつれい)の整備や、大運河の完成にみられるように、単なる無能な暴君ではない。煬帝は隋の亡国の君主であり、煬帝の事績は、隋を倒した唐朝史官によって記されているため、その悪い面ばかり残っているという見方もできる。煬帝の晩年は、戦乱をよそに風光の美しい揚子江(ようすこう)北岸に近い江都(揚州)に移ってぜいたくな生活を営み、最後は臣下の宇文化及(うぶんかきゅう)に殺された。聖徳太子の遣隋使は、煬帝のもとへ派遣されたものである。煬帝は熱心な仏教信者で、天台宗の開祖の智ぎに帰依し、智者大師の法号を贈った。また、詩人としても一流で、「飲馬長城窟行(いんばちょうじょうくっこう)」は代表作である。

[布目潮渢]

『宮崎市定著『隋の煬帝』(1965・人物往来社)』『布目潮風著『隋の煬帝と唐の太宗』(1975・清水書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よう‐だい ヤウ‥【煬帝】
中国隋第二代皇帝(在位六〇四‐六一八)。姓名楊広。父の文帝、兄の皇太子を殺して即位した。豪華を好み、宮殿や大運河の建設で、国費の欠乏をきたした。三度に及ぶ高句麗遠征に失敗して群雄の蜂起を招き、軍中で殺された。また、聖徳太子はこの帝の時、初めて遣隋使を送った。(五六九‐六一八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

煬帝
ようだい
569〜618
隋の第2代皇帝(在位604〜618)
名は広。父文帝を殺して即位し,洛陽 (らくよう) に東都を建設した。100余万人を徴発して南北を結ぶ大運河を開き,物資や軍隊の輸送の便をはかった。対外的には積極策をとり,突厥 (とつけつ) に備えて万里長城の修築を行い,西方に対しては吐谷渾 (とよくこん) を討って青海を併せ,さらに進んで西域への道を開いた。南方では林邑 (りんゆう) を討ち,琉球(台湾)にも軍を送った。しかし,3回にわたる高句麗 (こうくり) 討伐の失敗は,大土木工事とあいまって隋滅亡のとなり,江都(揚州)で禁軍兵士によって暗殺された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

煬帝
ようだい
569〜618
中国,隋の第2代皇帝(在位604〜618)
父文帝を殺して即位したという。黄河〜長江間の大運河の建設,長城の修復などの大事業を行ったが,612〜614年に高句麗遠征を強行したため,各地で反乱がおこり,江都で暗殺された。遣隋使を派遣したときの皇帝として著名

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

煬帝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

煬帝の関連情報

関連キーワード

運送営業ボーイング747型機看護師・介護福祉士候補受け入れ真諦成相山傅大士蒙求蒙求白猪胆津

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation