@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

煽を食う【あおりをくう】

精選版 日本国語大辞典

あおり【煽】 を 食(く)
① 強い風や動きの衝撃を受ける。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
② 相手の態度や威勢に影響される。
※歌舞伎・天衣紛上野初花(河内山)(1881)序幕「何だといふと大小を捻(ひねく)り廻して脅しやがるが、そんな煽(アフ)りを喰(ク)ったってびくともする丑松ぢゃあねえ」
③ 状況の変化や現象の影響を受ける。
※洒落本・船頭部屋(19C初)「もしもなげい年季のうち、どふ風がかわって、あをりをくふめいもんでもなし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

煽を食う」の用語解説はコトバンクが提供しています。

煽を食うの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation