@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

煽返【あおりかえし】

精選版 日本国語大辞典

あおり‐かえし あふりかへし【煽返】
〘名〙 舞台の背景を、上下または左右に二分できるように作り、これを折り返して、別の場面または変わった様相に転換させること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あおり‐かえ・す あふりかへす【煽返】
〘他サ四〙 芝居で、煽返しを用いる。
※歌舞伎・与話情浮名横櫛(切られ与三)(1853)七幕「以前の道具より付いて上がりし土堤づら、あふり返し、闇ぼかしの霞へ、榎の枝をとりつけ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

煽返」の用語解説はコトバンクが提供しています。

煽返の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation