@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

熊坂【クマサカ】

デジタル大辞泉

くまさか【熊坂】
熊坂長範(ちょうはん)のこと。
謡曲。五番目物。旅の前に熊坂長範亡霊が現れ、牛若丸に討たれた無念を語る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

熊坂
古典落語の演目のひとつ。「熊坂長範」とも。五代目三升家小勝が得意とした。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くまさか【熊坂】
能の曲名五番目物。作者不明。シテは熊坂長範の霊。旅の僧(ワキ)が美濃赤坂にさしかかったとき,別の僧(前ジテ)に呼び止められ,今日はある者の命日だから弔いを頼むと言われ,その草庵に導かれる。見ると仏像はなく,なぎなたや鉄の棒が置いてあるので驚くと,この辺は盗賊が多いので用心に備えてあるのだと言い,僧の身であさましいことだなどと物語るが,いつかその姿も庵室も消えて,旅僧は野原にいることに気付く(〈語リ・クセ〉)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

くまさか【熊坂】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くまさか【熊坂】
姓氏の一。
○熊坂長範ちようはんのこと。
能の一。五番目物。牛若丸に討たれた熊坂長範を描いたもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

熊坂
くまさか
能の曲目。五番目物。五流現行曲。作者不明。旅の僧(ワキ)が美濃(みの)国(岐阜県)赤坂の里を通ると、所の僧(前シテ)が呼びかけ、さる者の命日を弔ってほしいと庵室(あんしつ)にいざなう。そこには武具が多く備えられ、不審を述べる旅僧に、物騒な里ゆえ往来の者の難儀を救うためと語る。夜も更けると僧の姿も庵室も消えている。松陰に夜を明かす旅僧の前に、熊坂長範(ちょうはん)の亡霊(後シテ)が現れ、大長刀(なぎなた)を振るい牛若丸と戦った無念の死を仕方話に語り、回向(えこう)を願って消えうせる。現在能の『烏帽子折(えぼしおり)』の事件を旅僧の幻想として夢幻能の形で描いた曲。同装の僧が対座する前段は他の能にない特色。哀愁と豪快さの対比と同居がみごとな佳作である。[増田正造]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くまさか【熊坂】
福井県あわら市の地名。加賀(石川県)へ抜ける牛ノ谷峠に近い北陸街道の要地。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くまさか【熊坂】
[1]
[一] 熊坂長範(くまさかちょうはん)のこと。
※雑俳・西国船(1702)「待てゐるとは熊坂もしらぬ筈」
[二] 謡曲。五番目物。各流。作者不詳。古名「幽霊熊坂」。都の僧が美濃国赤坂の里で一人の僧に会いその庵室に案内されるが、やがて僧も庵室も消えて草むらとなる。その夜、都の僧が読経していると、熊坂長範の亡霊が現われて、金売り吉次を襲って牛若丸に殺された無念を語る。
[2] 能「熊坂」「烏帽子折(えぼしおり)」のときに用いる能面。大癋見(おおべしみ)系の面の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くまさか【熊坂】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

熊坂
くまさか
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
寛文2.5(江戸・古伝内座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熊坂
(通称)
くまさか
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
初雪物見松 など
初演
享和3.11(江戸・市村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熊坂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

熊坂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation