@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

熊谷市【くまがや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

熊谷〔市〕
くまがや
埼玉県中北部,荒川の扇状地末端にある市。北部を利根川,南部を荒川が流れ,北で群馬県に接する。 1933年市制。 1941年大麻生村,佐谷田村,玉井村の3村と久下村の一部,1954年中条村,三ヶ尻村,別府村,奈良村の4村,1955年吉岡村,太井村,行田市のそれぞれ一部を編入。 2005年大里町,妻沼町と合体。 2007年江南町を編入。中心市街地の熊谷付近は湧泉が多いため開発の歴史は古く,いまも条里制の遺構が点在する。鎌倉時代は熊谷直実の所領であった。江戸時代は中山道の宿場町,秩父札所へ通じる秩父往還の分岐点,荒川水運の河港として発展。明治以後は製糸業の中心地,さらに商業都市へと発展した。 1960年代以降,首都圏の工業衛星都市として三ヶ尻の飛行場跡や荒川沿岸にセメント,金属,製紙,精密機械などの工場が立地,工業都市の性格を加えた。農村部では米,ムギ,野菜の栽培が行なわれる。熊谷直実の居館の地には熊谷寺 (ゆうこくじ) ,西部には国指定史跡の宮塚古墳がある。妻沼の歓喜院聖天堂と貴惣門,本尊の錫杖,および江南の平山家住宅は国の重要文化財に指定。市域南部は武蔵丘陵森林公園に属する。南部を東西に上越新幹線,JR高崎線,秩父鉄道が通り,中央部を国道 17号線,125号線,140号線,407号線,熊谷バイパス,深谷バイパスなどが交差する交通の要所。面積 159.82km2。人口 19万8742(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くまがや‐し【熊谷市】
熊谷

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熊谷市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

熊谷市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation