@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

熊野水軍【くまのすいぐん】

世界大百科事典 第2版

くまのすいぐん【熊野水軍】
熊野海賊ともいう。豊富な材木良港を背景にもつ熊野地方には,古くから水軍が発達し,中央政界の動向とも密接に関係した。著名なのは熊野別当教真の子孫で,とくに新宮別当家は兵船を多く持った。源平抗争期に,田辺別当湛快・湛増父子や熊野八庄司の一つと言われる湯浅氏らは初め平氏についたが,のちに源氏方に転じ,屋島攻略などに活躍したという。南北朝期には,鵜殿・泰地・潮崎らの諸氏が南朝に属し,熊野海賊による薩摩島津軍攻撃や,脇屋義助の四国攻めへの従軍などが伝えられるが,全般的動静は不明である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

熊野水軍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

熊野水軍の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation