@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

熊野灘【くまのなだ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

熊野灘
くまのなだ
紀伊半島南東岸,三重県志摩半島の大王崎から和歌山県潮岬にいたる海域黒潮 (日本海流) が北東流し,沿岸は夏の季節風を受けて気候は温暖,日本の最多雨地帯の一つである。熊野市木本から熊野川河口までは単調な礫浜だが,ほかはリアス海岸で,漁港の立地条件に優れ,真珠アワビサザエ,ブリなど多様な水産物に恵まれる。紀伊長島尾鷲市などの漁港が知られる。帆船時代には海の難所とされていたところで,北部伊勢志摩国立公園,南部は吉野熊野国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くまの‐なだ【熊野灘】
和歌山県の潮岬(しおのみさき)から三重県の大王崎(だいおうざき)に至る海域。航海の難所といわれた。好漁場。吉野熊野伊勢志摩両国立公園の地。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くまのなだ【熊野灘】
和歌山県最南端の潮岬から三重県志摩半島大王崎にかけての紀伊半島南東岸の海域。黒潮が北東流し,沿岸には定置網漁業が発達し,ブリ,カツオ,マグロなどの漁獲が多い。秋の台風期には海が荒れることが多く,航海の難所である。中世には熊野水軍が活躍,近世には熊野水軍の流れをくむ人々による捕鯨が盛んで,太地(たいじ)はその拠点として知られる。海岸は南部の串本から新宮にかけては湾入が多く,中部の熊野川河口から熊野市は七里御浜(しちりみはま)と呼ばれる砂浜海岸,熊野市以北から先志摩にかけては典型的なリアス海岸と変化に富み,吉野熊野および伊勢志摩国立公園に含まれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

熊野灘
くまのなだ

紀伊半島南東岸、三重県志摩(しま)半島大王(だいおう)崎から和歌山県潮岬(しおのみさき)までの間、太平洋に臨む約150キロメートルの海岸。熊野市木本(きのもと)から熊野川河口までの約25キロメートルが七里御浜(しちりみはま)とよばれる砂礫(されき)に覆われた直線状の隆起海岸であるほかは、出入りの多い典型的なリアス式海岸が続く。沿岸は日本海流が北上し、気候は温暖、また夏の季節風を受けてわが国の最多雨地としても知られる。リアス式の湾岸は魚類の宝庫で、古くから漁業が発達し、紀伊長島(ながしま)、尾鷲(おわせ)など遠洋漁業の基地も多い。美しい自然景観に恵まれ、北に伊勢(いせ)志摩、南に吉野熊野の両国立公園があり、紀伊長島を中心に熊野灘レクリエーション都市指定を受けており、規模の大きい観光対象地でもある。なお帆船時代は海の難所であった。

[伊藤達雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くまの‐なだ【熊野灘】
和歌山県紀伊半島南端の潮岬から三重県志摩半島南端の大王崎に至る間の海域。風波が高く、帆船時代には航海の難所といわれた。日本海流が沖合を北東上し、ブリ・カツオの好漁場として知られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熊野灘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

熊野灘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation