@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

熱可塑性樹脂【ねつかそせいじゅし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

熱可塑性樹脂
ねつかそせいじゅし
thermoplastic resin
適当な温度に加熱すると軟化して可塑性もち冷却すると固化する樹脂総称で,熱硬化性樹脂に対する語。を加えることにより容易に成形できるが,耐熱性の十分でないものが多い。ポリエチレンポリプロピレンポリスチレンポリ塩化ビニルなどビニル系ポリマー,ポリエステル,ポリアミドなどの縮合系ポリマーなどの線状ポリマーがこれに属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ねつかそせい‐じゅし【熱可塑性樹脂】
熱可塑性をもつ合成樹脂の総称。ポリエチレンポリプロピレンポリ塩化ビニル弗素(ふっそ)樹脂などがあり、加熱による加工が容易。熱可塑性プラスチック

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

熱可塑性樹脂
 加熱すると化学変化をともなうことなく塑性を生じる樹脂.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ねつかそせいじゅし【熱可塑性樹脂 thermoplastic resin】
合成樹脂をその化学構造に基づいて大別したときの一つ。熱可塑性,すなわち加熱によって軟化し,成形できるようになり,それを冷却すれば固化する特性(これには可逆性もある)を有する樹脂の総称で,熱硬化性樹脂に対する。樹脂は一次元構造の線状高分子からなりたっている。したがって熱だけでなく溶媒にも溶解性があり,溶液から成形されることもある。耐熱性や耐薬品性は熱硬化性樹脂に劣るが,実用性能はあり,かつ,冷却という物理変化だけで固化するため(樹脂により結晶化という物理変化も伴うこともある)成形速度が速く,工業的に大きい意味をもっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ねつかそせいじゅし【熱可塑性樹脂】
常温では弾性をもち、変形しにくいが、加熱により軟化して種々な形に加工することができる合成樹脂。ナイロン・ポリエチレン・ポリスチレン・ポリ塩化ビニルなどはこれにあたる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

熱可塑性樹脂
ねつかそせいじゅし
thermoplastic resin
合成樹脂(プラスチック)を大別したときの一つ。熱硬化性樹脂に対する語。熱を加えて可塑性(塑性ということが多い)にして、成形できる線状高分子をいう。
 粘土を水でこねて陶器の原形をつくる場合に、強い力を加えると液体のように容易に流動するから、いろいろな形に成形できる。力を取り去ると固体のようにその形を保持する。強い力に対して粘性流体であり、弱い力に対して無限大の粘性をもったもの、すなわち固体の性質が現れてくる。このような性質を塑性とよんでいる。塑性をもった物質を可塑物plasticという。このプラスチックということばが合成樹脂のかわりに用いられるようになっている。たとえば、ポリ塩化ビニルはそのままでは硬い弾性体に近い。硬質塩ビとよばれ、プラスチックタイルや排水管などに用いられる。このポリ塩化ビニルに可塑剤としてジオクチルフタレートを添加してロールで練ると、の(a)の弾性体(固体)から、可塑剤分子が線状高分子鎖の間に入り込んで鎖どうしの絡み合いを弱めて(b)のような形になる。このような形が塑性体である。強い力によって塑性流動を示すので成形が可能となる。可塑剤の量が増加すると、高分子鎖が可塑剤中に溶解し、(c)のような粘性体となる。また、可塑剤の入っていない硬質塩ビを成形するには、(a)のような固体を加熱すると、温度上昇によって分子運動が盛んになり、高分子鎖の絡み合いが弱まって(d)のような塑性体の構造をとる。この状態で自由に成形できる。もっと温度を上げると高分子鎖がばらばらになり液体の形になるはずであるが、多くの高分子鎖はその前に熱分解することが多い。ポリスチレンやポリエチレンなどはこのような方法で成形している。[垣内 弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ねつかそせい‐じゅし【熱可塑性樹脂】
〘名〙 熱可塑性をもつ樹脂。塩化ビニル樹脂・ポリエチレン・フッ素樹脂・シリコーン樹脂など。日用品・フィルムなどに用いられる。〔現代の科学(1957)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

熱可塑性樹脂
ネツカソセイジュシ
thermoplastic resin

加熱することにより軟化し可塑性となり,冷却するとふたたび硬化する性質をもつ樹脂.ポリエチレンポリスチレンポリ(塩化ビニル)など付加重合反応で生成する線状分子からなる重合体ポリエステルナイロンポリカーボネートなど二官能性単量体の重縮合体などがこれに属する.成形加工が容易であるため,日用品,工業部品から自動車,電気電子部品など多岐にわたり使用されている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱可塑性樹脂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

熱可塑性樹脂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation