@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

熱川温泉【あたがわおんせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

熱川温泉
あたがわおんせん
静岡県東部,伊豆半島東岸,東伊豆町にある温泉。天城山麓に浅い谷を刻む濁川河口に位置する。大正期に近くの農民が開発した新興温地。泉質食塩泉。泉温は 80~100℃で湯量は豊富。海岸沿いの狭い土地に旅館が密集した観光温泉街をなす。温泉熱を利用したバナナワニ園がある。有料道路と伊豆急行開通で急速に発展。富士箱根伊豆国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あたがわ‐おんせん〔あたがはヲンセン〕【熱川温泉】
静岡県賀茂郡東伊豆町の温泉。泉質は塩化物泉。温泉を利用したバナナ園・ワニ園、洋ラン研究所がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

熱川温泉
あたがわおんせん

静岡県賀茂郡東伊豆町、東伊豆温泉郷の中央にある代表的温泉の一つ。天城火山(あまぎかざん)南東斜面に位置する。明治中期から温泉集落がみられたが、1938年(昭和13)国鉄(現、JR)伊東線、1961年(昭和36)伊豆急行線開通を機に目覚ましく発展した。平均泉温100℃の湯煙が立ち込め、温泉街は駅前の傾斜地から海岸沿いに形成されている。泉質は塩化物泉など。このほかに熱川バナナワニ園、洋ラン栽培など豊富な温泉を利用した観光施設もある。

[北川光雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あたがわ‐おんせん あたがはヲンセン【熱川温泉】
静岡県伊豆半島東岸、東伊豆町にある温泉。泉質は食塩泉・芒硝(ぼうしょう)泉。胃腸病・皮膚病・神経痛にきく。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱川温泉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

熱川温泉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation