@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

熱性けいれん【ねっせいけいれん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

熱性けいれん
ねっせいけいれん
febrile convulsion
小児が 38℃以上の急激な発熱に伴って全身けいれんを起すもので,けいれんの原因となるような異常は一切ないものをいう。けいれん発作は3~5分で治まり,生命の危険はない。5歳以下の小児に好発し,ことに1歳代にピークがある。学童期になると自然に消失する。発熱の際,解熱剤鎮痙剤を投与すると,予防できる。激しいけいれん発作が長時間にわたる場合には,てんかんを疑う必要がある。単純型熱性けいれんの5%前後が,てんかんへ移行すると考えられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館

ねっせいけいれん【熱性けいれん Febrile Convulsion, Febrile Seizure】
[どんな病気か]
 生後6か月から6歳ぐらいまでの子どもが、38℃以上の熱をだしたときにおこすけいれんです。子ども10~20人に1人の割合で、男女ともにみられます。
 遺伝的な素因が関係しておこります。
[症状]
 急に発熱した際におこることが多く、左右の手足や顔面を激しくぴくつかせます。意識がなくなり、眼球(がんきゅう)がしばしば上を向いています。ほとんどは1~2分で治まりますが、ときに長引き、くちびるが紫色になります(チアノーゼ)。
 いったん治まったけいれんが24時間以内に再発する、けいれんがからだの片側だけにおこる、意識がなくなって手足をだらりとさせ、けいれんはみられないなどのタイプもあります。
[検査と診断]
 大部分は、上気道炎(じょうきどうえん)とくに咽頭炎(いんとうえん)の発熱の際におこりますが、ときに肺炎、胃腸炎でおこることもあります。この場合は、けいれんに対する検査は必要ありません。
 髄膜炎(ずいまくえん)、脳炎、脳症などでも発熱とけいれんがおこりますが、これは、熱性けいれんには含めません。
 けいれんが長引く・くり返す、けいれんが治まった後、意識がはっきりしない、吐(は)き気(け)がひどいなどのときは、医師の診察を受けましょう。
 髄液検査(ずいえきけんさ)、血液検査、その他の精密検査が必要になることもあります。
 脳波検査は、熱性けいれんの診断に不可欠ではないのですが、てんかんとの鑑別に役立つことがあるので実施します。
 けいれんが、一度の発熱で2回以上おこる、からだの片側だけにおこる、熱がないのにけいれんをおこした人が、血のつながっている家族のなかにいるといったケースでは、脳波検査を受けたほうがいいでしょう。
[治療]
 たいていは1~2分で治まりますから、けいれんがおこっているとき、意識がはっきりしないときは、顔を横に向け、吐物(とぶつ)が気道(きどう)に入らないようにしてようすをみます。
 口の中に指や物を入れる手当は、行なわないようにします。
 なかなかけいれんが治まらないときは、できるだけ早く医師の手当を受けましょう。
[予防]
 後遺症が残ることはありませんし、熱性けいれんがくせになることは、ふつう、ありません。しかし、2、3人に1人の頻度で再発します。
 このため、37.5℃以上の発熱に気づいたら、ジアゼパムという抗けいれん薬の坐薬(ざやく)かシロップ剤を使用します。医師が必要と認めた場合は、抗けいれん薬を毎日、服用します。
◎子どものけいれん性疾患と対応
 子どもは、脳の発育が未熟なため、けいれんをおこしやすいのです。
 もっとも多いのは熱性けいれんですが、ほかの原因のこともあるので、子どもがけいれんをおこしたときは、一度は、小児科医や小児神経科医のいる医療機関を受診しましょう。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

食の医学館

ねっせいけいれん【熱性けいれん】

《どんな病気か?》


 生後6か月から6歳くらいまでの乳幼児が、38度以上の熱をだしたときに起こすけいれんをいい、遺伝的な素因が関係していると考えられています。
 急に発熱した際に起こることが多く、手足や顔面をはげしくけいれんさせ、意識がなくなったり白目(しろめ)をむくこともあります。
 たいていは1、2分で治まりますが、長引いたり、くり返すようなとき、あるいは、けいれんが治まったあとに意識がはっきりしない、嘔吐(おうと)があるようなときは、医師の診察が必要です。

《関連する食品》


〈造血作用のある葉酸と抗けいれん作用のナイアシン〉
 熱性けいれんで後遺症が残ることはありませんが、再発することはよくあります。したがって、予防のために医師が必要と認めた場合、抗けいれん薬を毎日服用することもあります。
 抗けいれん薬のなかには体内のビタミンB群を減らして赤血球を変形させるものもあるので、B群、とくに造血に働く葉酸(ようさん)はしっかりとるようにします。
 またB群のなかのナイアシンには、抗けいれん作用があることも報告されています。
 葉酸はレバー、牛肉、ホウレンソウに、ナイアシンはカツオなどに多く含まれています。
○漢方的な働きから
 長ネギの白い茎の部分とショウガを入れたネギスープ、あるいはクズ湯が発汗をうながし、熱性けいれんに有効とされています。
 ネギスープは、ネギの白い部分を細かく刻み、ショウガを少量加え、お湯をそそぐだけ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

六訂版 家庭医学大全科

熱性けいれん
ねっせいけいれん
Febrile seizure
(子どもの病気)

どんな病気か

 生後6カ月から5歳ごろまで、とくに1歳代の小児が発熱時(38℃以上)に引き起こすけいれんです。小児期のけいれんのなかで最も多いもので、日本では小児の約7%は熱性けいれんを経験すると報告されています。

 インフルエンザ突発性発疹症等は熱性けいれんを引き起こしやすい病気です。髄膜炎(ずいまくえん)や脳炎などの中枢神経系感染症、代謝の病気、嘔吐・下痢などの電解質異常などのような直接原因となる異常がないものを指します。

原因は何か

 現在のところ不明ですが、遺伝的素因(両親が小児期に熱性けいれんを起こしていたことが多い)や発育脳(乳幼児にみられる)に発熱が加わって発症するものと推察されています。

症状の現れ方

 発熱後24時間以内にけいれんを引き起こすことがほとんどです。多くは意識消失とともに全身をつっぱり(強直(きょうちょく))、そのあとに四肢を震わせる(間代(かんたい))けいれん(全般性強直間代型)が数分間みられます。しかし、体の一部分にのみみられるけいれん(部分発作型)の場合もあります。

 けいれんは通常数分間で止まり、決して危険なものではありませんが、まれに15分以上持続する場合(けいれん重積)や1日に2回以上繰り返す場合(けいれん群発)は注意が必要で、入院することも必要となります。

 熱性けいれんのほとんどは生涯を通じて1回のみのことが多いのですが、再発することも30%程度みられ、3回以上繰り返しみられることも10%前後あります。

検査と診断

 髄膜炎、脳炎、脳症などに伴うけいれんとの区別が重要となります。けいれんの前にも意識障害がみられる場合や診察で神経学的異常所見がみられた場合には髄膜炎、脳炎、脳症などが疑われ、髄液検査、頭部画像検査(CT、MRI)、脳波検査などが必要です。熱性けいれんが繰り返しみられる場合、とくに熱のないけいれんがみられるようになった場合には、てんかんと区別するために脳波検査が有用です。

治療の方法

 けいれんがみられた場合には呼吸がしやすいように横に寝かせ、吐物を気道に詰まらせないように注意します。また落ち着いて、けいれんのかたちや時間を観察すること、その場を離れないことも大切です。

 けいれんの回数が多い場合やけいれん重積がみられた場合には、再発予防のために抗けいれん薬の使用が必要となります。発熱時にのみ予防する方法としては、37.5℃以上の発熱がみられたらジアゼパム坐薬(ダイアップ)を使用し、8時間後にも発熱が続く場合には再度ジアゼパム坐薬を使用します。

 副作用として一過性のふらつきがみられることがあります。このジアゼパム坐薬の応急投与によって、熱性けいれんの再発率は約3分の1に減少することが期待されます。

 また、場合によってはフェノバルビタールやバルプロ酸ナトリウムなど抗てんかん薬の連日持続内服も行われます。

石和 俊

出典:法研「六訂版 家庭医学大全科」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

EBM 正しい治療がわかる本

熱性けいれん
どんな病気でしょうか?

●おもな症状と経過
 子どもが38度以上の発熱に伴って、けいれん発作(ほっさ)をおこすことを熱性けいれん(ひきつけ)といいます。
 明らかにけいれんの原因となる疾患があるものは含まれません。すなわち、脳炎や髄膜炎(ずいまくえん)という中枢神経系の感染症や、てんかん、あるいは代謝異常によるものなどによるけいれんは熱性けいれんではありません。(1)
 熱性けいれんは、おもに6歳未満の乳幼児でおこることがあります。高熱がでた日に、突然、眼球が白目になって意識がなくなり、体や手足が硬くなり、がたがたとふるえはじめます。こうした症状は通常では長く続かず4分程度でおさまります。
 しかし、けいれんが5分以上続く場合、1日に2回以上おきた場合、体の一部(上半身、左右どちらかだけ)がけいれんをおこした場合、けいれん後、顔色が悪く意識を回復しない場合は、救急車で小児科医のいる病院に連れて行くことが必要です。また、はじめてけいれん発作をおこしたときも、必ず小児科を受診してください。

●病気の原因や症状がおこってくるしくみ
 熱性けいれんは、A型インフルエンザやアデノウイルスなどのウイルス感染症にともなって、熱が急激に高くなった場合におこることが多いと報告されています。(2)

●病気の特徴
 日本では5歳までの乳幼児のうち、7パーセント(欧米では2~4パーセント)は熱性けいれんをおこしたことがあると報告されています。(3)
 とくに1歳~1歳半がもっともおこしやすい時期です。まれに、小学生になってからおこす子どももいます。一度、けいれんをおこした場合、2回目をおこす確率は3割程度と報告されています。9割以上の子どもが、成長とともに自然におこさなくなります。
 しかし、1歳未満でおこした場合、両親や兄弟姉妹に熱性けいれんをおこした人がいる場合、39度に至らない発熱でけいれんがおきた場合、もともとなんらかの神経症状がある場合などは、2度目のけいれんがおこりやすいとされています。また、けいれんの持続時間が10分を超える場合も、熱性けいれん以外の原因がないかどうかの小児科医の評価や、注意深い経過観察が必要です。(4)~(6)


よく行われている治療とケアをEBMでチェック

■けいれん発作時の対応
[治療とケア]顔を横に向けて、首のまわりなど衣服をゆるめる
[評価]☆☆
[治療とケア]口のなかには指や物は入れない
[評価]☆☆
[治療とケア]現場にいる大人が一人の場合は、その場を離れずに人を呼ぶ
[評価]☆☆☆☆
[治療とケア]あわてずに、けいれんのようすを細かく観察し、書きとめる(発熱した時間、発熱からけいれんまでの時間、けいれんの持続時間、顔色、目のようす、左右の手足の状態など)
[評価]☆☆☆☆
[評価のポイント] いずれも応急処置として、わが国の「熱性けいれん診療ガイドライン2015」(熱性けいれん診療ガイドライン策定委員会編集)が推奨している内容です。けいれんの持続時間が5分以上続く場合は、観察を続けながら、もう一人の大人に救急車を呼んでもらい、対応のできる小児科医のいる病院に搬送を依頼します。病院に到着したら、書きとめたけいれんの状況を小児科医に伝えます。(1)

[治療とケア]けいれんを抑える薬を使う
[評価]☆☆☆☆
[評価のポイント] けいれんが自然におさまらない場合(けいれん重責発作時)には、抑えるために抗けいれん薬を使用します。短時間でけいれんが自然におさまる場合は、抗けいれん薬を使わないこともあります。(1)

■けいれんをおこしたことのある子どもの場合
[治療とケア]予防的に発熱時に抗けいれん薬を使用する
[評価]☆☆
[評価のポイント] 単純な熱性けいれんでは、予防的に抗けいれん薬を使用する必要はないと結論づけられています。抗けいれん薬の内服によるけいれんの予防効果は一部の研究で報告されていますが、副作用が強すぎるためと、熱性けいれんそのものが短時間で消失する症状であるためです。(1)(7)
 ただし、1歳未満の場合、発熱から1時間以内にけいれんをおこした場合、両親のどちらかが熱性けいれんやてんかんをおこしたことがある場合、けいれんをくり返す場合などは、予防的に抗けいれん薬を使うことがあります。
 また、発熱時に予防投薬しても、けいれんを抑えこめないような場合は、継続して抗けいれん薬を内服することがあります。


よく使われている薬をEBMでチェック

抗けいれん薬
[薬名]セルシン注射液(ジアゼパム)(1)
[評価]☆☆☆☆
[薬名]ミダフレッサ静注(ミダゾラム)(1)
[評価]☆☆☆☆
[薬名]ダイアップ坐剤(ジアゼパム)
[評価]☆☆☆☆
[薬名]ミダゾラム点鼻薬(本邦未発売)
[薬名]ロラゼパム静注(本邦未発売)
[評価のポイント] けいれんが自然におさまらない場合には、ジアゼパムやミダゾラムの静脈注射を行います。静脈注射ができない場合は、肛門から入れるダイアップ坐剤(ジアゼパム)を使用することがあります。ミダゾラムの点鼻薬は海外で使用されており、ダイアップ坐剤よりも有効であることが報告されていますが、日本では発売されていません。(8)
 ロラゼパムの静脈注射の有効性も報告されていますが、2015年現在、日本では静脈注射剤が発売されていません。(9)(10)
 短時間でけいれんが自然におさまる場合は、これらの抗けいれん薬を使わないこともあります。
 原因が熱性けいれんで、かつ医療機関を受診した段階でけいれんがおさまっていた場合、次のけいれんを予防するためにダイアップ坐剤を使うことは、効果が実証されておらず、副作用の観点から必ずしも推奨されていません。(1)(7)


総合的に見て現在もっとも確かな治療法
熱性けいれんをおこした場合の応急手当
 吐いた物が気管につまらないよう顔を横に向けて、首のまわりなど衣服をゆるめます。口のなかには指や物は入れないでください。けいれんが5分以上続く場合は、観察を続けながら、もう一人の人に救急車を呼んでもらいます。

はじめてのけいれんでは、小児科医を受診する
 はじめてけいれんをおこした場合は、髄膜炎や脳炎などの深刻な感染症などによるものでないかどうかを診断してもらうため、必ず小児科医を受診することが必要です。

抗けいれん薬の使用
 けいれんが自然におさまらない場合(けいれん重責発作時)などには、抗けいれん薬を使用します。なお、再度熱性けいれんをおこすリスクが高いと思われる場合は、予防的に発熱時に抗けいれん薬を使うこともあります。

成長すれば、自然に治ることが多い
 熱性けいれんは数分以内でおさまるものが多く、9割以上が、成長すれば自然に治ります。熱性けいれんをおこしたことのある子どもに対しても、発熱のリスクを下げるという意味で、予防接種も積極的に受けることが推奨されています。熱性けいれんをおこしたことを小児科医に伝えて、予防接種のプランを立てましょう。

(1)熱性けいれん診療ガイドライン策定委員会編集, 日本小児神経学会監修.熱性けいれん診療ガイドライン2015 . 診断と治療社. 2015. 
(2)Chiu SS, Tse CY, Lau YL, Peiris M.Influenza A infection is an important cause of febrile seizures.Pediatrics. 2001 ;108:E63.
(3)Tsuboi T. Epidemiology of febrile and afebrile convulsions in children in Japan. Nerurology. 1984:34:175-181.
(4)Nakayama J, Yamamoto N, Hamano K,et al.Linkage and association of febrile seizures to the IMPA2 gene on human chromosome 18. Neurology. 2004 ;63:1803-7.
(5)Sugawara T, Mazaki-Miyazaki E, et al.Nav1.1 mutations cause febrile seizures associated with afebrile partial seizures. Neurology. 2001 ;57:703-705.
(6)Hesdorffer DC, Benn EK, Bagiella E, et al. Distribution of febrile seizure duration and associations with development. Ann Neurol. 2011; 70:93.
(7)Hirabayashi Y, Okumura A, Kondo T, et al.Efficacy of a diazepam suppository at preventing febrile seizure recurrence during a single febrile illness.Brain Dev. 2009;31:414-418.
(8)McIntyre J, Robertson S, Norris E, et al.Safety and efficacy of buccal midazolam versus rectal diazepam for emergency treatment of seizures in children: a randomised controlled trial.Lancet. 2005;366:205-210.
(9)Appleton R, Macleod S, Martland T.Drug management for acute tonic-clonic convulsions including convulsive status epilepticus in children.Cochrane Database Syst Rev. 2008 Jul 16;(3):CD001905.
(10)Chamberlain JM, Okada P, Holsti M, et al. Pediatric Emergency Care Applied Research NetworkLorazepam vs diazepam for pediatric status epilepticus: a randomized clinical trial.JAMA. 2014;311:1652-1660.

出典:法研「EBM 正しい治療がわかる本」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱性けいれん」の用語解説はコトバンクが提供しています。

熱性けいれんの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation