@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

熱河作戦【ねっかさくせん】

世界大百科事典 第2版

ねっかさくせん【熱河作戦】
日中戦争時における日本軍(関東軍)の中国熱河省河北省への侵攻作戦。熱河省は地理的には内モンゴルの一部であるが,政治的には奉天軍閥の支配下東三省(奉天,吉林黒竜江の3省)に連なっていた。1932年3月満州国を樹立した関東軍は熱河省もその領域であると宣言したが,省主席湯玉麟はあいまいな態度をとった。関東軍は北満作戦を一段落させると,33年1月山海関で日中両軍の衝突が発生したのを機に,2月熱河制圧に着手し,第6・第8師団,混成第14・第33旅団その他の兵力を動員して熱河省へ侵攻,3月4日承徳を占領したうえ,10日前後に万里長城の線に達した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

熱河作戦
ねっかさくせん

1933年(昭和8)日本軍の中国熱河省、河北省に対する軍事侵略。32年3月「満州国」の設立後、日本軍はその領域とされた熱河省地方を制圧する準備を進め、33年1月山海関(さんかいかん)を占領し、2月から熱河作戦を開始、承徳(しょうとく)、古北口(こほくこう)、喜峰口(きほうこう)を占領した。日本軍の熱河作戦が国際連盟をさらに刺激することを憂慮する政府部内の反発を招いたが、連盟脱退をも辞さない軍部は作戦を強行し、4月には長城(ちょうじょう)線を越えて軍事侵略を河北省に拡大した。これに対して対日妥協政策をとる中国政府は日本との停戦を求め、5月31日塘沽(タンクー)協定を結び、日本側の条件を受け入れ、日本の軍事侵略の結果である「満州国」を黙認した。

[鈴木隆史]

『歴史学研究会編『太平洋戦争史2』(1972・青木書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱河作戦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

熱河作戦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation