@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

熱河省【ネッカショウ】

デジタル大辞泉

ねっか‐しょう〔‐シヤウ〕【熱河省】
中国北部の旧名。省都承徳。1933年満州国に組み込まれたが、1956年、南部河北省東部遼寧省、北部は内モンゴル自治区分割編入された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ねっかしょう【熱河省 Rè hé shěng】
中国の旧省名。現在の河北省北東部の承地区から内モンゴル自治区南東部の昭烏達盟と哲里木盟の一部,および遼寧省西端にかけての地域を行政区域とした。清朝乾隆年間(1736‐95),承徳府におかれた熱河副都統(のち都統)の管轄範囲であった昭烏達,卓索図2盟に由来(卓索図盟は今日の承徳地区にほぼ一致する)し,1914年特別区に改められ,さらに28年省がおかれ,承徳を省会としたが,56年廃止。河北・遼寧両省と内モンゴル自治区の行政区域に分離,編入された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ねっかしょう【熱河省】
もと中国北部にあった省。省都は承徳(熱河)。1956年廃止され、河北・遼寧二省と内モンゴル自治区とに分割編入された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

熱河省
ねっかしょう
中国の旧省名。現在の河北省北東部、遼寧(りょうねい)省南西部、内モンゴル自治区東部をあわせた地域。山地と砂漠が多く、人口は少ない。1703年、清(しん)朝の康煕(こうき)帝はここに避暑山荘(熱河離宮ともいう)を営んだ。以後、歴代の皇帝の避暑地となり、同地には豪壮な宮殿が建設された。1860年、アロー戦争で英仏連合軍が北京(ペキン)を占領すると、咸豊(かんぽう)帝は熱河に避難、同地で没している。その後、1914年に特別区となり、28年に熱河省となった。省都は承徳。そのころこの地はアヘンの原料であるケシの栽培が盛んであった。1932年、日本の関東軍は中国東北を軍事占領し「満州国」を発足させたが、さらに隣接する熱河省の併合を企図した。このため翌年2月より熱河作戦を行い、そこにいた東北軍閥張学良の勢力を駆逐し、同省を「満州国」の版図に組み込むことに成功した。中華人民共和国成立後の56年、熱河省は廃され、河北省、遼寧省、内モンゴル自治区に三分された。[倉橋正直]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱河省」の用語解説はコトバンクが提供しています。

熱河省の関連情報

関連キーワード

斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩小津安二郎大恐慌ルロイ伊藤大輔山中貞雄

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation