@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

熱田【アツタ】

デジタル大辞泉

あつた【熱田】
名古屋市南部の名。熱田神宮門前町として発展し、江戸時代には東海道最大の宿場町で、宮宿(みやのしゅく)とよばれた。現在は工業地。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あつた【熱田】
尾張国(愛知県)愛知郡にある熱田神宮の門前町で,鎌倉時代以来の海陸交通の要地。,蓬萊島ともいう。名古屋台の先端熱田台の南に位置し,東は神領田がつづき,西に堀川南北に流れる。南は海浜,北は名古屋の古渡に接する。玉ノ井遺跡,高蔵貝塚,断夫山古墳,白鳥古墳と考古遺跡に富む。《和名抄》の愛智10郷のうち厚田・神戸郷にあたり,歴史は古い。しかし都市の形態がととのうのは永禄(1558‐70)ごろ,とくに東海道宮宿が置かれ,背後に尾張徳川氏の城下町名古屋が形成された江戸時代初頭である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あつた【熱田】
名古屋市南部の区。熱田神宮の門前町。江戸時代、東海道の宿駅であった宮宿みやのしゆくを中心に発展した。現在は、工業地区となっている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

熱田
あつた
名古屋市南部の地区。熱田台地南端の熱田神宮の門前町神宮(じんぐう)地区は、中世以来清洲(きよす)と並ぶ商業町で、1601年(慶長6)の駅制で東海道五十三次の宮宿(みやのしゅく)としてますます繁盛した。宿場は伝馬(てんま)町、神戸(ごうど)町辺、「七里の渡(わたし)」といわれる渡船場から、桑名(くわな)へは海路の船旅であった。美濃(みの)街道、佐屋(さや)街道の分岐点でもあり、海路を嫌う者は佐屋街道によった。神戸の浜の周辺には、舟番所、熱田奉行(ぶぎょう)所などや、問屋場4、本陣、脇(わき)本陣各2、旅籠(はたご)屋248軒(1843)が並び、にぎわった。現在の神戸町の常夜灯は復原されたもので、寛永(かんえい)年間(1624~1644)には須賀浦(すがうら)にあった。熱田前新田は、尾張(おわり)9代藩主宗睦(むねちか)時代、熱田奉行津金胤臣(つかねたねおみ)の提案による藩営新田で、現在は大部分が臨海工業地帯と化している。愛知郡熱田町は、1907年(明治40)に名古屋市に編入され、1908年には南区、1937年(昭和12)には熱田区の一部となった。広大な社叢(しゃそう)につつまれる熱田神宮は、伊勢(いせ)神宮に次ぐ由緒ある大宮で、年間参拝客900万余を数える。
 また、JR東海道本線熱田駅および名古屋鉄道神宮前駅周辺の商店街は、名古屋市の繁華街の一つに発展している。地下鉄名城線も通じている。[伊藤郷平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あつた【熱田】
[一] 名古屋市南部の地名。江戸時代は桑名、四日市への渡船場で、東海道最大の宿場町であった。また、熱田神宮の門前町でもあり、宮(みや)と呼ばれた。明治四〇年(一九〇七)名古屋市に編入された。
[二] 名古屋市の行政区の一つ。昭和一二年(一九三七)区制施行により成立。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

熱田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation