@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

熱雑音【ねつざつおん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

熱雑音
ねつざつおん
thermal noise
導体中の電子は熱によって不規則な運動をしているので,その両端には動揺した電圧が現れる。これを熱雑音と呼ぶ。 H.ナイキストは,その性質について次のことを示した。開放した導体の絶対温度T ,抵抗を R とすると,その両端に発生する雑音電圧 v の2乗平均は周波数 f に対して一様に分布しており (白色雑音) ,ff+Δf との間にある熱雑音電圧は, の平方根である ( kB はボルツマン定数を表わす) 。また,その導体を短絡すれば 平方根に等しい熱雑音電流が流れる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ねつ‐ざつおん【熱雑音】
抵抗内の電子またはイオンの不規則な熱運動によって生じる電気的な雑音。電子回路には必ず存在する。この現象を発見した米国ベル研究所のジョンジョンソンハリー=ナイキストの名前から、ジョンソン雑音ジョンソンナイキスト雑音ともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ねつざつおん【熱雑音】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

熱雑音
ねつざつおん

電気的な雑音の一つ。抵抗体の内部では電気伝導を担っている電子などのキャリアが、不規則な熱運動をしており、そのために電圧・電流の統計的な揺らぎを生ずる。これを熱雑音といい、ジョンソン雑音、抵抗雑音ともいう。

[若井 登]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱雑音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

熱雑音の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation