@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

熱雲【ねつうん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

熱雲
ねつうん
glowing cloud
爆発的噴火によって,高温火山物質が放出され,塊となって火山体の斜面を流れ下る現象。1902年西インド諸島,マルティニーク島プレー山噴火で発生した火砕流に対して名づけられた。天明3(1783)年の浅間山の大噴火(→天明浅間山噴火)のときも熱雲が認められた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ねつ‐うん【熱雲】
火砕流の一。火口から噴出した高温のガス火山灰火山岩塊のまじったものが山腹を急速に流下する噴火現象。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

熱雲
glowing avalanche, glowing cloud, glutwolke: 噴火の際に,マグマが高温度のままで火口から放出され,多量のガスと混合して非常な高速で火山体の山腹の斜面を這って走り下る厚い火山ガスおよび火山砕屑物の緻密な混合物.1902年に西インド諸島のマルティニク(Martinique)島のモン・ペレ(Mont Pelee)火山頂上に新しくできた熔岩円頂丘の中腹を破って噴出した熱雲は,噴出当初は1 100℃以上の温度で,平均秒速11~27m,最大150mで山腹を下り海岸まで達してサン・ピエール(St. Pierre)の町を全滅させた.1902年にペレ火山とスーフエリール(Soufriere)火山に発生した小型の高温火砕流にラクロアヌエ・アルダン(nuee ardente)と命名した[Lacroix : 1904, 1930].ラクロアの後に他の火砕流にも熱雲が使われ,次第に定義が混乱した.そのため様々名称が付けられており,glowing claud(Fenner), volcanic blast(Day & Allen), horizontal blast(Day & Allen), hot cloud(Allen & Zies), Glutowolde[Wolff : 1914],hot avalanche[Perret : 1924]avalanche of incandescent cloud(Fenner), absteigende Eruptionswolde(Wolff), pellesche wolke(Wolff), nuee ardente(Lacroix), nuee peleenne(Lacroix), nuee dense(Lacroix), ash flow, fire avalancheなど多数の名称がある.
nuee ardante: 火山から放出されたガス,水蒸気,火山の固体破片の白熱した塊のことである.ラクロアは熱雲を(1) ペレ型は噴火口の内火山から側方に直接爆発したもの,(2) ブルカノ型は噴火口から垂直方向に爆発したもの,(3) カトマイ型は山腹の割れ目から爆発したもの,に区別している.熱雲の下部は大部分が火山砕屑物から構成され,火山灰流のようなものである[Lacroix : 1904, 1930].フランス語のnuee ardanteは灼熱した雲の意味.1902年にペレ(Pelee)火山とスーフリール(Soufriere)火山に発生した小型の高温火砕流にラクロアが命名した[Lacroix : 1904, 1930].その後次第に定義が混乱してきた.glowing avalanche, glowing cloud, glutwolke, Glutowolde[Wolff : 1914], hot avalanche[Perret : 1924]などはすべて同じ意味で使われている.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ねつうん【熱雲 glowing cloud】
火山噴出物の噴出様式の一つで小型の火砕流を指す。1902年,西インド諸島マルティニク島のプレー火山の噴火のとき発生し,2万8000人の死者を出した小型火砕流が,火砕流という現象が火山学的に広く認められるようになった最初の例である。この噴火を研究したフランスの火山学者ラクロアFrançois Antoine Alfred Lacroix(1863‐1948)により,熱雲nuée ardenteという語が初めて提唱されたが(1904),その後異なったタイプの火砕流が多数発見されたため,熱雲という語はプレー型の小規模火砕流に限られるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ねつうん【熱雲】
小規模の火砕流。火山から噴き出した溶岩片と高温ガスとが混濁して山腹を流下する現象。
高熱の雲。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

熱雲
ねつうん
火砕流の一種で比較的規模の小さなもの。高温の溶岩ドームや溶岩流の先端が崩壊したり、火口から直接爆発がおこることによって、溶岩塊、火山灰、火山ガスが一団となって秒速10~40メートルもの超高速で山腹をなだれ下る現象である。1902年、西インド諸島のフランス領マルティニーク島プレー火山で発生した火砕流に、フランスの火山学者ラクロアF. Alfred Lacroix(1863―1948)が命名したヌエ・アルダンnue ardenteの訳語。プレー火山の溶岩円頂丘(溶岩ドーム)が爆発し、約8キロメートル離れたサン・ピエール市を全滅させ、死者約2万8000人(20世紀世界最大の噴火災害)の被害があった。1783年(天明3)、浅間山(あさまやま)で鎌原(かんばら)熱雲が発生し、それに伴った泥流によって死者約1200人が出た。近年では、1963年のインドネシアのバリ島アグン火山の熱雲で死者約1600人を出している。[諏訪 彰・中田節也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ねつ‐うん【熱雲】
〘名〙
高熱の雲。熱気を帯びた雲。
文華秀麗集(818)下・和滋内史奉使遠行観野焼之作〈巨勢識人〉「寒氷鎔尽百谷中、熱雲蒸落九天空」
② 熱気をもったガス。火山から噴き出した高温のガスと火山灰などの集合したもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱雲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

熱雲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation