@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【リン】

デジタル大辞泉

りん【×燐】
窒素族元素の一。黄燐白燐)・紫燐(しりん)黒燐赤燐などの同素体がある。黄燐(ろう)状の固体毒性が強く、空気中に置くと自然発火し、燐光を発する。天然には単体として存在せず、燐酸塩などとして鉱物・動植物界に広く存在する。主要鉱石は燐灰石元素記号P原子番号15。原子量30.97。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りん【燐】[漢字項目]
[音]リン(呉)(漢)
おに火。「燐火
元素の一。リン。「燐酸黄燐赤燐
[難読]燐寸(マッチ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

リン【燐】
主要ミネラルのひとつ。カルシウムに次いで多く体内にある物質で、そのうちの85%はカルシウムと結合して骨や歯の材料となり、残りは筋肉・脳神経などに存在するミネラル。肉類、魚介類、乳製品、卵類、豆製品、胚芽などに多く含まれる。ビタミンB1ビタミンB2と結合して補酵素となり、糖質の代謝を促進するほか、細胞膜の構成、関節炎の痛みの緩和、高エネルギーのリン酸化合物をつくりエネルギーの貯蓄、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の予防などに効果が期待できる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

りん【燐】
15 族(窒素族)元素の一。元素記号 P  原子番号15。原子量30.97。リン灰石などのリン酸塩として産する。常温では固体で、同素体として黄リン(または白リン)・黒リンのほか赤リンなどの相がある。殺鼠剤さつそざい・農薬・マッチの製造に用いる。動物の骨や歯の構成成分で、かつリン酸エステルなどの形で ATP ・ DNA ・リン脂質など生体の重要な化合物の構成成分となる。 自然科学ではリンと書く

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りん【燐】
〘名〙
① 墓地などで夜間に見える青白い光。火。〔十巻本和名抄(934頃)〕 〔論衡‐論死〕
② 窒素族元素の一つ。元素記号P 原子番号一五、原子量三〇・九七三八。白、黒、紫の三種の同素体があり、白と紫の固容体が赤で、白の表面に赤の膜の生じたものが黄といわれる。普通に得られる黄は淡黄色透明の蝋状固体。化学的活性が強く、天然には単体としては存在しない。酸塩などとして、動植物の体内に含まれる。マッチ、酸肥科、殺虫剤などに用いられる。〔植学啓原(1833)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

燐の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation