@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

燕尾【エンビ】

デジタル大辞泉

えん‐び【×燕尾】
ツバメの尾。
冠の纓(えい)の一。先が円形の裾開きの纓。加冠の際に用いる。
鏃(やじり)の一で、末端が二つに分かれたもの。
掛け軸の表装で、上部の中央に並べて垂らしてある二条の細長い布。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんび【燕尾】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

えん‐び【燕尾】
〘名〙
① 燕(つばめ)の尾。
② 冠に付属する纓(えい)の一種。纓尻(えじり)が円形である纓をいう。中世以来、加冠の際に用いる。
※江家次第(1111頃)二〇「次加冠立座進入、冠者額結
③ (②を誤用して) 纓(えい)をいう。
※咄本・私可多咄(1671)三「昔、法頂のかづく燕尾(エンビ)といふ物をみて、あれはゑぼしといふかととふ者有」
④ 鏃(やじり)の形状による名称で、雁股(かりまた)の鏃の一種。
⑤ 掛軸の表装で、上部の中央に並べて垂らした二条の細長い布。
⑥ =えんびぼう(燕尾帽)日葡辞書(1603‐04)〕
⑦ 南画で、竹の葉の描き方の一法をいう。竹の葉が二枚出ている様のうち、燕の尾に似た方のもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つばめ‐お ‥を【燕尾】
〘名〙 ツバメの尾のように二またに分かれた細長い魚の尾。燕尾(えんび)型の魚類の尾。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

燕尾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

燕尾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation