@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

爆竹【バクチク】

デジタル大辞泉

ばく‐ちく【爆竹】
竹または紙の筒に火薬を詰めたものを並べてつなぎ、次々に爆発させる音響花火。古くから中国で行われているもので、慶事・祝日に用いる。
左義長(さぎちょう)にたく火。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばくちく【爆竹 bào zhú】
中国において,爆とは本来,文字通り青竹を火の中に入れて爆(や)くことをいう。妖怪や悪のたぐいは,その激しい破裂音に驚いて退散するとされた。古く梁の宗懍(そうりん)《荆楚歳時記正月に見え,六朝後期にはすでに除夜から新年にかけての厄ばらいの一つになっていた。この習俗は,以後長く続き,唐詩の中では〈爆竿(ばくかん)〉ともいう。北宋以後,硫黄をまじえた火薬を用い,〈爆仗(ばくじよう)〉と呼ばれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ばくちく【爆竹】
竹や紙筒に火薬を詰め、火をつけて鳴らすもの。もと中国で、除夜から新年にかけて、青竹を焼いて音をたて鬼を追い払ったことに始まる。現在は正月のほか、祭日・祝日などにも用いて景気を添える。
左義長さぎちようでたく火。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

爆竹
ばくちく
音響花火の一種。古代中国で、火にあぶった青竹の破裂音で悪鬼を退散させた風習に始まり、のち火薬を短い竹に詰めるようになり、宋(そう)代には紙筒も用いられるようになった。大形で爆発音の大きい炮(パオ)と、小形のものを数個ないし十数個導火線でつないで、一端に点火し連続して爆音を発する鞭(ピエン)とがある。もとは元日に用いたが、のち、広く慶事・祝祭日に用いられ、中国、台湾ほか東南アジアにみられる。[佐藤農人]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばく‐ちく【爆竹】
〘名〙 小さい竹筒や紙筒に火薬をつめ、それをたくさんつないだもの。火をつけると順々に爆発して激しい音をたてる。昔、中国で、元旦に青竹を火にあぶってその破裂音で、山中に住むという悪鬼を追い払った行事が初め。広く、祝日にも祝意を表わし、景気をつけるために行なう。日本では、正月一五日に焚(た)く左義長の火と混同されて用いられることが多い。《季・新年》
※宝覚真空禅師録(1346)乾・節辰「鐘色纔動鼓声催、寒谷春随爆竹回」 〔荊楚歳時記〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

爆竹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

爆竹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation