@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

父の終焉日記【ちちのしゅうえんにっき】

大辞林 第三版

ちちのしゅうえんにっき【父の終焉日記】
日記。一冊。小林一茶著。1801年、一茶三九歳の夏、父の発病から死去に至るまで約一か月間の看護日記。みとり日記。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちちのしゅうえんにっき【父の終焉日記】
小林一茶の日記。享和元年(1801)、一茶の帰郷中に急病で死んだ父親との最後の日々を綴る。への思い、継母義弟との遺産がらみの対立などが生々しく描かれており、日本の私小説ルーツともされる。もとは無題で、現題名は大正時代の一茶研究家、束松露香によるもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちちのしゅうえんにっき【父の終焉日記】
日記。一冊。小林一茶著。享和元年(一八〇一)一茶柏原帰省中、たまたま父が発病し世を去った際の約一か月にわたる看病の手記。父への真情、継母、義弟との対立がなまなましく書かれている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

父の終焉日記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

父の終焉日記の関連情報

関連キーワード

享和パーベル1世山東京伝辛酉教獄植崎九八郎歌川豊広神田厚丸喜多川歌麿桜川慈悲成昇亭北寿

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation