@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

父パードレ・パドローネ【ちちぱーどれぱどろーね】

日本大百科全書(ニッポニカ)

父パードレ・パドローネ
ちちぱーどれぱどろーね
Padre Padrone
1977年製作のイタリア映画。パオロとビットリオタビアーニ兄弟が監督した代表作で、カンヌ国際映画祭グランプリに輝いた。原作はビアレッジョ賞を獲得した、言語学者ガヴィーノ・レッダGavino Ledda(1938― )の自伝的小説。サルディーニャの僻村(へきそん)の小学校に通うガヴィーノ(ファブリツィオ・フォルテFabrizio Forte)は、羊飼いの父親(オメロ・アントヌッティOmero Antonutti、1935― )によって教室から連れ出され、岩山の番小屋での一人暮らしを命じられる。文盲のまま徴兵されたガヴィーノ(サヴェリオ・マルコーネSaverio Marcone、1948― )は、軍隊で高校卒業資格をとり、やがて方言の研究者として生きることを決意する。親から子へと伝えられる職能の伝授と近代的な学校教育が対比されながら、時としてポリフォニック(多声的)な語りへと逸脱することで、リアリズムを超えた詩情の高みへと達することに成功した。イタリア国営放送(RAI)がテレビ用映画として製作したものだが、劇場でも一般公開された。[西村安弘]
『ガヴィーノ・レッダ著、竹山博英訳『父 パードレ・パドローネ――ある羊飼いの教育』(1995・朝日選書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

父パードレ・パドローネ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

父パードレ・パドローネの関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門寺山修司オガデン戦争安野光雅金壽根ビオラ(Bill Viola)磁鉄鉱系列小川紳介鎌田慧クラストル

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation