@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

父帰る【ちちかえる】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

父帰る
ちちかえる
菊池寛戯曲。 1917年発表,19年8月武田正憲試演会初演。 20年 10月に2世市川猿之助の春秋座旗揚げ公演でも上演され,その,近代的個人主義,合理主義肉親相克を平明簡潔にとらえた大衆性により,近年まで上演回数の最も多い戯曲の一つとなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちちかえる〔ちちかへる〕【父帰る】
菊池寛の戯曲。一幕。大正6年(1917)発表、大正9年(1920)初演。妻子を捨てて20年後、落ちぶれて帰ってきたを迎える家族の複雑な心情を描く。
野村芳亭監督による映画の題名。昭和2年(1927)公開。出演、岩田祐吉、鈴木歌子ほか。
堀内真直監督による映画の題名。昭和27年(1952)公開。出演、徳大寺伸、紅沢葉子ほか。
[補説]はいずれも原作とした作品。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

父帰る
日本のテレビドラマ。放映はNHK(1996年11月~12月)。全4回。原作:永倉万治脚本:岡崎栄。出演:うじきつよし、石田えり、いかりや長介ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

父帰る
ちちかえる

菊池寛(かん)の戯曲。一幕。1917年(大正6)1月『新思潮』に発表。19年8月、武田正憲(せいけん)らにより赤坂ローヤル館で初演されたが評判とはならず、20年10月、2世市川猿之助(えんのすけ)の春秋座旗揚げ公演に新富座で上演され、好評を博した。明治末ごろの南海道の小都会にある中流階級の家が舞台で、母、長男、次男、長女の4人暮らしの平和な家庭に、20年前情婦と出奔した父親が落ちぶれて帰ってくる。母と次男は年老いた父を迎え入れようとするが、父親がわりに苦労してきた長男は怒りを爆発させる。父はうなだれて家を出ていくが、母と妹の哀願する眼(め)をみて長男は父を呼び戻す。イギリスの劇作家ハンキンの『蕩児(とうじ)帰る』をヒントに書いたが、肉親間の愛憎をテーマに、簡潔な構成と巧みな反転により、近代一幕物の代表作となった。

[藤木宏幸]

『『父帰る・屋上の狂人』(新潮文庫)』『『父帰る・恩讐の彼方に』(旺文社文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちちかえる ちちかへる【父帰る】
戯曲。一幕。菊池寛作。大正六年(一九一七)発表。同九年初演。妻子を捨てて二〇年後、落ちぶれて帰ってきた父に対する家族一人一人の複雑な心情を描く。個人主義思想と肉親への愛情との葛藤をテーマとする。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

父帰る」の用語解説はコトバンクが提供しています。

父帰るの関連情報

関連キーワード

ロシア革命史(年表)牧野省三有島武郎チャップリンTGE-A型 軍用保護自動貨車アポリネールランデール三菱A型第1次世界大戦レーニン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation