@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【こう】

占い用語集

易や風水で用いられるを構成する記号。爻には陽爻陰爻があり、この陰陽の爻三つで八卦(小成卦)を、六つで六十四卦(大成卦)を構成する。爻は筮竹やコインなどを用いて出されるのが一般的で、下から初爻・ニ爻・三爻・四爻・五爻・上爻と呼ばれる。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こう【爻 yáo】
の卦(か)の基本になっているの棒のこと。易を構成するもっとも基本的な単位で,卦はこれを6本積み重ねたものである。とはそれぞれ積極的なものと消極的なもの,男性的なものと女性的なものといった事物の対立する二面を象徴し,易ではと柔の名で呼ばれるが,易(十翼)に至ってとされた。卦中における爻の位置に関して〈位〉〈中〉〈正〉〈〉〈〉〈〉〈〉といった,易学特有のタームが使われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こう【爻】
えきの卦を組み立てる横画。「〓」を陽、「〓」を陰とする。 → 八卦はつけ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう カウ【爻】
〘名〙 易(えき)の卦(け)を組み立てている横画。陽爻と陰爻の二種があり、卦はこれを組み合わせて構成される。八卦は三爻、六十四卦は六爻の組合せからなる。六爻は下から上に数えて、初爻・二爻・三爻・四爻・五爻・上爻と称する。
※続日本紀‐霊亀元年(715)八月丁丑「献霊亀〈略〉前脚並有離卦後脚並有一爻
※史記抄(1477)八「あわれ筮するに此爻を得たほどに、此辞に合せて論じた歟ぞ」 〔易経‐繋辞上〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう〔カウ〕【×爻】
卦(け)を組み立てる横の画。を陽、を陰とする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

爻の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation