@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

片刃【カタハ】

デジタル大辞泉

かた‐は【片刃】
《「かたば」とも》
刃物で、刃先の断面の片側だけに刃がついていること。また、その刃物。⇔両刃
刀剣などで、鎬(しのぎ)を境に片側だけに刃がついていること。また、その刃物。⇔両刃諸刃(もろは)
目的とする鉱物と他の物とで一粒子を構成している鉱石選鉱を経て目的の鉱物を取り出す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かたは【片刃 locked particle】
選鉱・選炭において有価物の分離は粒子単位で行われる。ところが天然の鉱石や石炭では,回収を目的とする鉱物粒が除外したい鉱物粒と共生している。このように2種以上の鉱物が共生した粒子のことを片刃と呼ぶ。また,選鉱・選炭における中間産物で,その品位精鉱と廃石の中間にあるものも片刃,あるいはミドリングmiddling,中鉱などと呼ばれる。片刃粒子は粉砕によってしだいに単体の鉱物粒に分かれる。この過程を単体分離liberationと呼ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かたは【片刃】
かたばとも
刃物で、片面または片側だけに刃が付いていること。また、そのもの。 ⇔ 諸刃もろは

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かた‐は【片刃】
〘名〙 (「かたば」とも) 刀剣、小刀、かみそりなどの片側だけに刃をつけたもの。⇔諸刃(もろは)両刃
※正倉院文書‐天平勝宝八年(756)六月二一日・東大寺献物帳「金漆銅作大刀一口 刃長二尺二寸六分鋒者偏刃有溝」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

片刃」の用語解説はコトバンクが提供しています。

片刃の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation