@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

片山潜【かたやません】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

片山潜
かたやません
[生]安政6(1859).12.3. 岡山
[没]1933.11.5. モスクワ
日本における労働運動の先駆者,社会主義者。旧姓藪木。 1884年渡米,苦学してエール大学を卒業した。この間キリスト教に入信し,キリスト教社会主義の影響を受けて労働・社会問題に興味をもった。 95年帰国,ただちに職工義友会に参加。労働組合期成会結成時には幹事として活躍した。 1904年アムステルダムでの第2回国際社会主義者大会 (第2インター) では,G.プレハーノフとともに副議長となり,軍国主義打倒の演説を行なった。 07年『社会新聞』を発刊。議会主義,普通選挙運動を主張し,幸徳秋水らの急進論と対立した。 10年の大逆事件後,11~12年東京市電争議を指導,投獄され,出獄後 14年弾圧を避けて渡米,22年ソ連に渡り,コミンテルンの執行委員となった。以後国際プロレタリア運動に大きな役割を果し,ソ連は国葬によって生前の功に報いた。主著『日本の労働運動』 (1901) ,『我社会主義』 (03) ,『自伝』 (22) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かたやま‐せん【片山潜】
[1859~1933]労働運動指導者。岡山の生まれ。米国留学から帰国後、労働組合結成を指導。また、社会主義運動の先駆となった。日露戦争中、反戦を主張。のち、ソ連に渡ってコミンテルン中央執行委員となり、モスクワ死去「日本の労働運動」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

片山潜 かたやま-せん
1859-1933 明治-昭和時代前期の社会主義者。
安政6年12月3日生まれ。明治34年日本最初の社会主義政党,社会民主党の結成に参加。39年社会党に参加,幸徳秋水らと対立。のちソ連におもむき,コミンテルン日本支部としての日本共産党の結成を指導。コミンテルン執行委員会幹部会員。昭和8年11月5日モスクワで死去。75歳。美作(みまさか)(岡山県)出身。エール大卒。著作に「我社会主義」など。
【格言など】人間には運命というものがあって,これをある点まで支配することができるものだと思う(「自伝」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

かたやません【片山潜】
1859‐1933(安政6‐昭和8)
日本労働運動の先駆者。岡山の出身。幼名は藪木菅太郎,後に徴兵忌避のために片山家に養子縁組,片山潜と改める。1881年上京して印刷工,塾僕となり,84年渡米,苦学しつつグリンネル大学,イェール大学神学部などに学ぶ。この間,アメリカでの生活,イギリスの社会事情・労働運動の見聞を通して社会運動に確信をもつ。95年帰国,神田にセツルメント〈キングスレー館〉を開き,キリスト教社会主義者として,直接社会に働きかける日常的要求を主張して活動を行う。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かたやません【片山潜】
1859~1933 社会主義運動の先駆者。岡山県生まれ。エール大卒。明治中期から昭和初めにかけて労働組合運動・社会主義運動に尽力。1914年(大正3)渡米してアメリカ共産党創立に参加。21年ソ連に渡り、コミンテルンの執行委員会幹部会員となる。また、日本共産党の結成を指導。モスクワで客死。著「我社会主義」「日本の労働運動」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

片山潜
かたやません
(1859―1933)
日本労働運動、国際共産主義運動の指導者。安政(あんせい)6年12月3日、美作(みまさか)国粂(くめ)南条郡羽出木(はでき)村(岡山県久米郡久米南(くめなん)町字羽出木)に、庄屋(しょうや)藪本家の二男として生まれ、菅太郎と称す。19歳のとき徴兵免除のため片山家の養子となり、のちに潜と改名。1884年(明治17)渡米し、皿洗いなどしながらポプキンズ・アカデミーはじめ多くの大学で約11年間勉学し、グリンネル大学で文学修士、エール大学で神学士となる。この間にキリスト教徒となるが、貧民問題、労働問題および社会主義に深い関心を寄せる。
 日清(にっしん)戦争終結の翌年の1896年帰国、労働問題が世間の注目を浴びるようになった97年、高野房太郎らとともに7月に労働組合期成会を結成、その機関誌『労働世界』の編集長となり、鉄工組合、活版工組合、日鉄矯正会などの労働組合を指導する。1901年(明治34)5月には、わが国最初の社会主義政党社会民主党の創立者の一人となり、日露戦争が始まった04年の夏にはアムステルダムの万国社会党大会に日本代表として出席、ロシアのプレハーノフとともに副議長に選ばれ、不戦の握手を交わして国際的脚光を浴びた。日露戦争後は、直接行動論を主張するようになった幸徳秋水(こうとくしゅうすい)らに対して、議会政策を堅持し、普通選挙の実現や労働者の団結に力を尽くすが、大逆事件のあとの11~12年の東京市電争議を指導したため重禁錮5か月の刑に処され、出獄後も自由な活動ができず、第一次世界大戦勃発直後の14年9月にアメリカに渡る。
 滞米中は、在米日本人社会主義グループの結成に努めると同時に、アメリカの反戦活動家と接触をもって活動し、ロシア革命とその指導者レーニンの『国家と革命』に学んで共産主義者となり、アメリカ共産党、メキシコ共産党の創立に力を尽くしたあとモスクワに赴き、1922年にはコミンテルンの執行委員会幹部会員に選ばれ、日本共産党の設立や綱領作成など日本の共産主義運動を指導した。また、国際反帝同盟はじめ反戦運動の面でも活躍したが、昭和8年11月5日、敗血症のためモスクワで死去。74歳。その遺骨はクララ・ツェトキンなど共産主義運動の最高指導者とともにクレムリンの壁に葬られている。[岡本 宏]
『片山潜著『自伝』(1954・岩波書店) ▽『片山潜著作集』全3巻(1959~60・河出書房) ▽河村望著『片山潜』(1974・汐文社) ▽隅谷三喜男著『片山潜』(1977・東京大学出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かたやま‐せん【片山潜】
労働運動、社会主義運動の先駆者。美作(岡山県)出身。イェール大学卒。労働組合期成会や社会民主党の結成に参画し、一貫して普通選挙権を主張。大正三年(一九一四)アメリカに亡命後、共産主義者となり、同一一年にはコミンテルン常任執行委員としてモスクワで活動。日本共産党の結成を指導した。モスクワで死去。著「日本の労働運動」「我社会主義」など。安政六~昭和八年(一八五九‐一九三三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

片山潜
かたやません
1859〜1933
明治〜昭和初期の労働運動家
美作(岡山県)の生まれ。苦学してアメリカのエール大学を卒業。1896年帰国後,精力的に労働組合を組織普選運動を主張して幸徳秋水らの無政府主義と対立した。1914年アメリカに亡命。ロシア革命の影響で共産主義者となり,モスクワに入り,コミンテルン常任執行委員として活躍し,モスクワで死んだ。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

片山潜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

片山潜の関連情報

関連キーワード

ビラフランカの和議余計者光の科学史インド大反乱川本幸民岡田普理衛ゼーバッハデカルソンデントンヘットナー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation