@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

片淵【かたぶち】

精選版 日本国語大辞典

かた‐ぶち【片淵】
〘名〙 (「かたふち」とも) 川の片方だけが深くなっている淵。川の片側にできている淵。
※書紀(720)神代下・歌謡「天離る鄙つ女の い渡らす迫門(せと) 石川箇輔智(カタフチ)輔智(カタフチ)に 網張り渡し」
※十六夜日記(1279‐82頃)「この川、堤の方はいと深くて片方は浅ければ、かた淵の深き心はありながら人目つつみにさぞせかるらん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

片淵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

片淵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation