@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

片荷【カタニ】

デジタル大辞泉

かた‐に【片荷】
てんびん棒で前後に荷物を担ぐときの、片方の荷。
トラックの荷台やコンテナなどの積み荷の重量が、前後または左右に偏っている状態。
物流において、往路または復路のどちらか一方にしか荷物を積まないこと。
責任の一端。心配事の一部。
「先ず―だけ卸したなと思った」〈漱石虞美人草

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かた‐に【片荷】
〘名〙
① 天秤棒(てんびんぼう)で一荷(か)にになった時の片方の荷。半分の荷。また、わずかな荷物。
※大乗院寺社雑事記‐文明元年(1469)一二月二六日「木村油商は中荷ない也。符坂は片荷也」
※虎寛本狂言・米市(室町末‐近世初)「是程の物が御ざった成らば釣合が能う御ざらふが、是では片荷づつで、いかないかな持るる事では御ざらぬ」
② 責任の一半。心配事の半分。
③ 背嚢(はいのう)やリュックサックなどで、片方に荷物が集まってしまうこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

片荷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

片荷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation