@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

版本・板本【はんぽん】

大辞林 第三版

はんぽん【版本・板本】
彫った版木で印刷した本。整版本。木版本。刻本こくほん

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はん‐ぽん【版本・板本】
〘名〙 版木を彫って、それで印刷した書物。技法上は、一枚の板に彫りつける整版と活字を組んでいく活字版がある。木版本。⇔書本(かきほん)
※わらんべ草(1660)二「当世は、はん本おほくあり」 〔宋史‐邢昺伝〕
[補注](1)日本での最古の版本は、宝亀元年(七七〇)の「百万塔陀羅尼」とされているが、以後院政期から鎌倉期に及ぶ興福寺の春日版、その後の高野版、五山版など、寺院での開版が盛んであった。
(2)中世末以後、京都・奈良・堺などで寺院以外、仏書以外での開版も行なわれるようになり、近世初頭には、一時木活字版が全盛となったが、寛永期以後は、整版が一般的になった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

版本・板本」の用語解説はコトバンクが提供しています。

版本・板本の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation