@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【きば】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


きば
tusk; fang
哺乳類における犬歯 (イヌ,ネコ,イノシシ) ,門歯 (ゾウ) などの発達したもの。円錐状をなし,構造的には歯と同じ。トラ,ヒョウなど食肉類ではよく発達。ゾウ,カバなど草食動物でもみられる。毒ヘビにおける毒牙なども牙と呼ばれ,マムシハブ,ガラガラヘビなどの管牙とコブラウミヘビなどの溝牙の2種がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

が【牙】[漢字項目]
常用漢字] [音](漢) (呉) [訓]きば
きば。「歯牙爪牙(そうが)象牙(ぞうげ)毒牙
大将の旗。「牙城
[難読]葦牙(あしかび)西班牙(スペイン)猪牙(ちょき)洪牙利(ハンガリー)勃牙利(ブルガリア)葡萄牙(ポルトガル)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かび【牙】
植物の
「葦―の如く萌えあがる物に因りてなれる神」〈・上〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き‐ば【牙】
《「き(牙)は(歯)」の哺乳類の歯で特に大きく鋭く発達したもの。犬・トラ・セイウチなどでは犬歯、象・イッカクでは門歯が長大となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げ【牙】
歯。
「先づ上の―を取りて」〈今昔・三・三五〉
象牙(ぞうげ)。
「―の笛を清延に吹き試みさすべき由」〈著聞集・六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き【牙】
きば。
「―かみたけびて」〈・一八〇九〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げ【牙】[漢字項目]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

北方謙三の長編ハードボイルド小説。1986年刊行。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


きば

一般に哺乳(ほにゅう)類の犬歯または門歯が鋭くとがって強大となり、攻撃や防御あるいは餌(えさ)の捕獲などに用いられるものをいう。爬虫(はちゅう)類の毒ヘビにおける毒牙(どくが)をいうこともある。ライオン、トラ、オオカミなどの肉食獣の牙は犬歯が発達したもので、餌の捕獲に欠かせない。また、ゴリラやヒヒのような非肉食獣でも雄には犬歯が発達した牙があり、おもに防御用に使われる。牙はしばしば長大となり口外に突出する。よく知られているのはアジアゾウの雄やアフリカゾウの雌雄にみられる象牙(ぞうげ)で、長さ3.5メートル、重さ130キログラムに及ぶものがある。この牙は上顎(じょうがく)門歯が著しく変形したものである。攻撃や防御の武器として、あるいは食物としての木の根を掘り出したり枝を折ったりするのに用いられる。同じ長鼻類の化石種であるマンモスの牙はもっとも長大で、4.5メートルに達するものがある。また、ゾウに近縁の化石種であるデイノテリウムの奇妙な牙は、下向した下顎端から門歯が下向きに伸びたものである。イノシシの仲間の雄にみられる口外に突き出た牙は、普通は下顎犬歯が発達したものであるが、イボイノシシの雄のように上顎犬歯のほうがよく伸び、しかも上方に曲がって口外に出たものもある。スラウェシ(セレベス)島とブル島にいるバビルサ(シカイノシシ)の雄では上下両顎の犬歯がともによく発達して口外に出る。とくに上顎のものは顔面の皮膚を貫いて出て後方に曲がり、成長するにしたがって巻いてくる。上顎犬歯が下方に長く短剣状に伸びた牙の例として化石種の剣歯虎(けんしとら)(スミロドンが代表的)とよばれるトラに近い種類のものがある。この長い牙で相手を刺し殺していたと考えられている(このことからサシトラともよぶ)。現生種のセイウチの牙も同様に上顎犬歯が伸びたものであり、餌である貝類を海底から掘り出したり、敵からの防御や雄どうしの闘争に使われたりする。牙で非常に奇妙なものは、イルカの仲間で北大西洋にすむイッカクの角(つの)のような形の牙である。この動物は体長が3、4メートルであるが、雄では上顎の左門歯(まれに右も)が変化した螺旋(らせん)円筒形のとがった牙を前方に槍(やり)のように突き出している。その長さが2メートルを超えるものもある。雌には歯はまったくない。

 一般に動物は牙と角の両方を同時にもつことはない。たとえば、ゾウやイノシシは牙をもつが角がなく、シカやウシには角はあるが牙はない。しかし、キョンという小形のシカの雄は例外で、犬歯の発達した牙と、角の両方をもっている。

[内堀雅行]

『ジョン・サイデンスティッカー、スーザン・ランプキン編、中坪礼治日本語監修、千種享子訳『危険な生物』(1997・金の星社)』『長谷川真理子著『生き物をめぐる4つの「なぜ」』(集英社新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き【牙】
〘名〙 きば。犬歯(けんし)。糸切り歯。
※書紀(720)欽明二三年六月(寛文版訓)「距(おほいる)(キ)・鈎(まか)れる爪ありて含霊(おほむたから)を残(そこな)ひ虐(そこな)ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き‐ば【牙】
〘名〙
① 哺乳動物の歯の一部が特に大きく鋭く発達したもの。犬、猫、虎、イノシシ、ライオン、セイウチなど、普通には犬歯が発達したもの。人間についても、犬歯をいう。象の牙は門歯が発達したものである。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※徒然草(1331頃)一六七「我が智をとり出でて人に争ふは、角あるものの角をかたぶけ、牙あるものの牙をかみ出だすたぐひなり」
② (助数詞的に用いて) 鷹狩りで、犬を数える語。〔随筆・貞丈雑記(1784頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げ【牙】
〘名〙 (「牙」の呉音)
① 獣類のきば。き。
※土井本句双紙抄(16C頃)「牙(ゲ)剣樹(けんじゅ)(くち)血盆きばは剣のごとく、口はちの盆のみるやうなをそろしい形ぞ」
② (「ぞうげ(象牙)」の略) 象のきば。〔黒本本節用集(室町)〕
③ 歯。
※今昔(1120頃か)三「礼拝して先づ上の牙(げ)を取て別に一面に置て阿闍世王に与ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

牙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation