@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

牧会【ぼっかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

牧会
ぼっかい
牧師が教会のために行う説教礼拝。すなわち集団や個人の指導を意味する場合と「への配慮」を意味する場合があり,狭には後者を意味することが多い。カトリック教会では司牧といい,聖職者の務めとされるが,プロテスタント教会では,他者の魂のために献身的に尽すことは,教会の牧者ばかりでなく信徒の重要な任務とされる。教理を学び,教会訓練を受けるとともに,現代ではカウンセリングを受けることなども行われ,電話相談 (→いのちの電話 ) も広い意味の現代社会への牧会的配慮だといえよう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぼっかい【牧会】
プロテスタント教会で、牧師が信徒を導くこと。 → 司牧

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼっ‐かい ボククヮイ【牧会】
〘名〙 プロテスタント教会で、牧師が担任する教会のためにする働き。カトリック教会では、司牧という。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

牧会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

牧会の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation