@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

牧野富太郎【まきの とみたろう】

美術人名辞典

牧野富太郎
植物学者・理学博士高知県生。小学校中退。独学植物分類学を修め、『日本植物志図篇』を出版する。東大植物学研究室の助手・東大講師歴任著書に『牧野植物学全集』がある。日本学士院会員。文化功労者。文化勲章受章。昭和32年(1957)歿、94才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

まきの‐とみたろう〔‐とみタラウ〕【牧野富太郎】
[1862~1957]植物分類学者。高知の生まれ。小学校中退、独学で植物学を研究。日本各地の植物を採集して歩き、多数新種発見命名。すぐれた植物図を描き、植物採集会を指導するなど知識普及にも尽力した。文化勲章受章。「日本植物志図篇」「日本植物図鑑」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

牧野富太郎 まきの-とみたろう
1862-1957 明治-昭和時代の植物学者。
文久2年4月24日生まれ。土佐(高知県)の酒造家牧野佐平の長男。独学で植物学をおさめる。明治17年東京大学植物学教室にはいり,四十余年助手,講師をつとめる。新種1000,変種1500余に命名した。昭和25年学士院会員。26年文化功労者。28年東京都名誉都民第1号。昭和32年1月18日死去。94歳。死後文化勲章。著作に「日本植物志図篇」「牧野日本植物図鑑」「植物記」など。
格言など】花は黙っています。それなのになぜ,あんなに快く匂っているのでしょうか?

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

まきのとみたろう【牧野富太郎】
1862‐1957(文久2‐昭和32)
植物分類学者。土佐(高知県)佐川の酒造家の生れ。小学校を中退して独力で植物学を学び,1884年上京して東京大学植物学教室に出入りし,矢田部良吉,松村任三に接し植物分類学の研究に進み,88年《日本植物志図篇》第1巻第1集を公にした。89年には大久保三郎とともに新種ヤマトグサを発表,これは日本初の国際的な学名の発表であった。一時,教室出入りをさし止められたが,93年に助手に採用され,植物の分類記載のしごとに専心,1900年に《大日本植物志》第1集を刊行した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

牧野富太郎
まきのとみたろう
[生]文久2(1862).4.24. 高知
[没]1957.1.18. 東京
植物分類学者。植物の分類に興味をもち,独学で世界的な鑑識学者となった。幼くして両親を失い,小学校も中途退学して,以後独学。 1878年頃博物学を教えていた永沼小一郎と知り合い,その影響で植物学を研究。東京大学教授の矢田部良吉に認められ,東京大学に奉職し,後年,日本学士院会員となり (1950) ,1957年に文化勲章を授けられた (追贈) 。新種の記載は 500種をこえ,『牧野日本植物図鑑』 (1940) をはじめ植物分類学に関する著書多数がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

牧野富太郎
まきのとみたろう
(1862―1957)

植物学者。土佐国(高知県)佐川(さかわ)村(現、高岡郡佐川町)の酒造家の生まれ。幼くして父母、祖父を失い、祖母に育てられ、6歳で明治維新を迎えた。9歳のとき寺子屋に入り、植物に興味を覚え始めた。1872年(明治5)寺子屋廃止に伴い藩校の名教(めいこう)館に入りヨーロッパの科学に接した。2年後、学制発布に伴い名教館は廃止となり、新制の小学校に入学(12歳)。2年間で教程を終えて退学、植物の調査・採集に熱中した。1879年、17歳で師範学校教諭永沼小一郎(ながぬまこいちろう)に師事、近代科学の精神について自覚、本草(ほんぞう)学から植物分類学へと転進、1881年、東京で勧業博覧会を見学の際、田中芳男(たなかよしお)に面接、東京大学植物学教室を訪ね、標本と海外の文献に接した。郷里に帰り理学会を創立、科学思想の普及に努めた。

 1884年、再度上京、東京大学教授の矢田部良吉に認められ植物学教室に出入りを許され、植物分類学の専門的研究に没頭した。1888年『日本植物志図篇(へん)』創刊。以後、精力的に新植物の発見、命名、記載の業績を積み、植物分類学の第一人者となった。1890年、一時、教室出入りの差し止めを受けるなど圧迫があったが耐え、1893年帝国大学助手、1912年(明治45)講師となる。教務のほか、民間の植物同好会による採集会を指導し植物知識の普及に尽力し影響を残した。1927年(昭和2)65歳で理学博士、1939年77歳で退職した。1950年(昭和25)日本学士院会員、翌年文化功労者、1953年東京都名誉都民となり、95歳で死去するとともに文化勲章を受章。

[佐藤七郎]

『『牧野富太郎選集』全5巻(1970・東京美術/複製・2008・学術出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まきの‐とみたろう【牧野富太郎】
植物学者。高知県出身。小学校を中退し独学で植物学を学び、主に日本の高等植物の分類学的研究を行ない、日本の植物相の解明に貢献した。また、植物知識の啓蒙活動を行ない、アマチュア植物研究家の育成に尽力した。文化勲章受章。著書「日本植物志図篇」「日本植物図鑑」「植物記」など。文久二~昭和三二年(一八六二‐一九五七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

牧野富太郎
まきのとみたろう
1862〜1957
明治〜昭和期の植物学者
土佐(高知県)の生まれ。独学で植物分類学を習得。全国山野の植物を採集研究し,日本人として初めて日本の植物に学名をつけた(2500余種)。1951年最初の文化功労者となり,死後 '57年文化勲章を受章。主著に『日本植物図鑑』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

牧野富太郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

牧野富太郎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation