@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

物を言う【モノヲイウ】

デジタル大辞泉

物(もの)を言(い)・う
言葉を発する。話をする。「目は口ほどに―・う」
効果を発揮する。効き目がある。「最後は実力が―・う」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もの【物】 を 言(い)
① ことばを発する。→ものいう(物言)
(イ) 口に出して何かしゃべる。話をする。口をきく。
※新古今(1205)恋三・一一八八・詞書「女のもとに、物をだにいはんとてまかれりけるに」
(ロ) ことばをかわして親しくする。ねんごろにする。
※源氏(1001‐14頃)真木柱「いかなる心にて、かやうの人に、物をいひけん」
(ハ) うるさく文句をいう。不平をいう。小言をいう。
※蜻蛉(974頃)中「かかるところにては、物などいふ人もあらじかしと思へどん」
(ニ) 挨拶(あいさつ)をする。声をかける。
※読本・春雨物語(1808)樊噲下「恐しくなりて、物もいはで出ぬ」
② 効力を発揮する。役に立つ。→ものいう(物言)
※入れ札(1921)〈菊池寛〉「此麽時(こんなとき)に一番物を云ふのは、腕っ節だ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

物を言う」の用語解説はコトバンクが提供しています。

物を言うの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation