@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

物付【ものづけ】

世界大百科事典 第2版

ものづけ【物付】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

もっ‐つけ【物付】
〘名〙 鞍の後輪(しずわ)の鞖(しおで)につける紐。とっつけ。もつけ。ものつけ。〔武家節用集(1681)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もの‐づけ【物付】
〘名〙 連歌、俳諧の付合の一つ。掛詞や物・詞の縁などによる付け方の総称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ものは‐づけ【物付】
〘名〙
① 雑俳で、点者(てんじゃ)が出す「…のものは」という題に対し、付句をするもの。寛保(一七四一‐四四)の頃から江戸に起こり、流行をみた。なぞづけ。
※随筆・我衣(1825)「寛保元年の冬、なぞ付とてはやる。点者より題を出す。是れは今の物は附なり」
② ことば遊びの一つ。「…のものは」という題に頓知(とんち)のきいた答えを出して優劣を争うもの。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「白きものははつ湯の三方とかいふめる、ものはづけとやらんもうべなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もの‐つけ【物付】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

物付」の用語解説はコトバンクが提供しています。

物付の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation