@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

物価指数【ぶっかしすう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

物価指数
ぶっかしすう
price index
物価の変動をとらえるために作成される指数卸売物価指数小売物価指数消費者物価指数,輸出入物価指数などの各指数として発表される。その目的としては一般に総合的な景気動向をとらえ,当該分野における商品の需給の状態を知り,貨幣の購買力の測定を行い,デフレーターとしての役割を果すことがあげられる。なお求め方が通常の物価指数と逆に名目値を実質値で除して求められる国民総生産 (GNP) デフレーターも一種の物価指数とも考えられる。物価指数は品目の採用範囲を決め,基準時を選び各品目のもつ重要性を定めて算定されるが,現在最も利用されている算式は,ラスパイレス式である。ほかにフィッシャー式,パーシェ式など重要な算式がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶっか‐しすう【物価指数】
物価水準の変動を示す総合的な指数。基準年次の物価を100とし、以後の各年次の物価をそれに対する数値で表す。卸売物価指数消費者物価指数など。INP(index number of prices)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集

物価指数
物価の水準を測るための指数。ある時点を基準とし、その後の物価がどう変動したかを示す。物価指数を算出するには、5年ごとに代表的な品目を選出し、その個々の取引額に応じたウエートを掛けて加重平均を出す、という方式がとられている。 代表的な物価指数に、卸売物価指数と消費者物価指数があり、景気動向の分析にも用いられている。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶっかしすう【物価指数 price index】
市場で取引される複数個の財・サービスの価格の時間的,場所的な相対的増減を総合的に示す指標を物価指数という。どのような取引段階ないし部面での物価を測定するかによって,卸売物価指数,小売物価指数,消費者物価指数,貿易物価指数,株価指数などに分かれる。 物価指数を算定する方式(物価指数算式)としては,つぎの四つが有名である。(1)ラスパイレス算式(略称L式) pi0を基準年次の第i番目の財・サービスの価格,qi0を同じく数量とし,pi1,qi1をそれぞれ比較年次の第i番目の財・サービスの価格,数量とすれば,L式による物価指数PLは,基準年次の数量が比較年次においても取引されるという考えに基づき,として計算される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶっかしすう【物価指数】
物価の変動を総合的に示すための指数。ある場所におけるある時点の財・サービスの価格を基準(普通100)として、その後の動きを基準時との比較で示す。 INP 。 → 卸売物価指数消費者物価指数

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

物価指数
ぶっかしすう
price index
家計や企業などが購入、利用する財(商品)やサービスの価格変動を総合的にとらえ、基準時(比較の基準となる時点)を100とした指数によって表したもの。家計や企業が直面する物価動向を時系列的に観察し、あるいは地域間で比較するための指標である。さまざまな政策立案のため、または種々の経済指標から価格変動の影響を取り除くためのデフレーターとして用いられている。
 日本では、家計が購入する財やサービスの価格変動を総合的にとらえる消費者物価指数、企業が取引する財の価格変動をとらえる企業物価指数、企業が取引するサービスの価格変動をとらえる企業向けサービス価格指数が代表的な物価指数である。このほか、農業における投入・産出価格の動向を把握する農業物価指数、製造業における投入・産出価格の動向を把握する製造業部門別投入・産出価格指数などがある。
 指数は、財やサービスの価格系列を指数化し、それを加重平均することで算出されている。日本ではラスパイレス指数の考え方を用いている物価指数が多いが、国内総生産(GDP)関連のデフレーターのようにパーシェ指数の考え方を用いているものもある。物価指数の理論ではこのほか、「フィッシャーの理想算式」としてアメリカの経済・統計学者I・フィッシャーが提案したフィッシャー指数の考え方もあるが、日本の物価指数では貿易統計の輸出・輸入価格指数の計算や、算出手続を異にした二つの指数時系列の接合の際などに用いられるにとどまっている。
 一方、物価指数はある時点の財やサービスの価格を100としてそれを加重平均しているが、100とする年を基準時に固定する固定基準年方式と、指数を計算する年の前年を100として算出する連鎖方式がある。日本の物価指数は固定基準年方式が主流であったが、2004年(平成16)12月8日に公表された2004年7~9月期の四半期別GDP速報(国民経済計算のうち、GDPの支出側系列等に関する統計)の2次速報から連鎖方式のデフレーターが導入された。消費者物価指数や企業物価指数においても、参考指数として連鎖方式の物価指数が算出・公表されている。[飯塚信夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶっか‐しすう【物価指数】
〘名〙 物価の変動を知るための総合指数。ある基準年の物価を一〇〇とし、その後の物価の変動を基準年と比較してみるもの。卸売物価指数、小売物価指数、消費者物価指数などがある。〔音引正解近代新用語辞典(1928)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

物価指数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

物価指数の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation