@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

物質の三態【ぶっしつのさんたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

物質の三態
ぶっしつのさんたい
three states of matter
物質の状を大別する3つの分類,すなわち固体液体気体のこと。物質三態のなかのどれかの状態にあるが,温度や圧力などの条件を変えると相互に転移する。つまり,固体は融解して液体に,液体は蒸発して気体に,逆に気体は凝縮して液体に,液体は凝固して固体になる。2つの態の転移は一定の圧力のもとでは普通は一定の温度で起り,その際に潜熱の出入りがある。三態の変化は微視的には次のように説明される。物質は原子,分子,イオンなどの微視的粒子から成り,低温でこれらが規則的な配列をしているのが結晶性の固体である。温度が上昇して融点に達すると微粒子の配列が急激に乱れる。これが融解である。液体は,微粒子が乱雑に分布するが,相互に引力を及ぼし合って凝集している状態である。さらに温度が上昇すると,微粒子相互間の距離が増大して相互引力がほとんど働かなくなり,各微粒子がそれぞれ自由な運動をするようになる。この状態が気体である。ガラスのような非晶質は,巨視的には硬くて固体とみなせるが,微視的には構成微粒子が乱雑に分布した液体であって,加熱すると融点のような特定の温度で融解して液体となるのではなく,ある温度範囲で次第に流動性を増して液体のようになる。これを軟化という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

物質の三態
ブッシツノサンタイ
three states of matter

物質の状態を,それを構成する分子の集合の粗密および流動性の有無から分類したもので,気体,液体,固体の三つをいう.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶっしつ‐の‐さんたい【物質の三態】
三態

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

物質の三態」の用語解説はコトバンクが提供しています。

物質の三態の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation