@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

物質量【ブッシツリョウ】

デジタル大辞泉

ぶっしつ‐りょう〔‐リヤウ〕【物質量】
物質の量を、その物質を構成する単位粒子の数によって表したもの。単位はモル

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶっしつりょう【物質量 amount of substance】
物質の分量が多いか少ないかを原子論立場で表現するための概念物体を構成する物質の分量は,物体の質量の値で,すなわちキログラムやグラムを単位として測った値で示すこともできるが,さまざまな物質,たとえば炭素Cと酸素Oとがどのような量的関係で結合して化合物COあるいはCO2になるかなどを考える場合には,原子Cと原子Oとの結合で分子COあるいはCO2がつくり出されるときの原子および分子個数に着目した表現をするほうがよいので,質量とは別に,物質量という概念が用いられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ぶっしつ‐りょう ‥リャウ【物質量】
〘名〙 アボガドロ定数に等しい数(6.022×1023)を一単位として表わした物質の量。国際単位系の基本単位の一つで、モル(mol)を単位として表わす。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

物質量」の用語解説はコトバンクが提供しています。

物質量の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation