@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

特別弁護人【とくべつべんごにん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

特別弁護人
とくべつべんごにん
刑事訴訟上,弁護士の資格を有しない者が,裁判所の許可を得て弁護士たる弁護人とともに被告人の弁護活動をなす場合をいう (刑事訴訟法 31条2項) 。簡易裁判所,家庭裁判所,地方裁判所における第1審の公判手続に限って認められる。その権限は,通常の弁護人と異ならないが,主任弁護人にはなりえない。弁護士たる弁護人が法律専門家としての立場から弁護活動にあたるのに対し,特別弁護人は,特殊な地位もしくは資格に基づき弁護人の弁護活動では尽しえない領域で弁護活動にあたることが期待されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とくべつ‐べんごにん【特別弁護人】
簡易裁判所家庭裁判所または地方裁判所に限って特に裁判所の許可を得て弁護士以外の者の中から選任される弁護人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とくべつべんごにん【特別弁護人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

特別弁護人
とくべつべんごにん

刑事手続において裁判所の許可を得て選任される弁護士でない弁護人。簡易裁判所、家庭裁判所、地方裁判所で認められる(刑事訴訟法31条2項)。ただし、地方裁判所では、ほかに弁護士のなかから選任された弁護人がいる必要があり(同項但書)、主任弁護人にはなれない(刑事訴訟規則19条1項)。裁判所の許可するか否かの判断は自由裁量に属し、あとになって許可を取り消すこともできると解されている。

[大出良知]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とくべつ‐べんごにん【特別弁護人】
〘名〙 地方裁判所、簡易裁判所、家庭裁判所の刑事事件について、裁判所の許可を得て選任される弁護士以外の弁護人。たとえば、学校の教師、雇主などのように被告人と特別な関係にあるものや、事件について特別な学識経験のあるものに限定される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特別弁護人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

特別弁護人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation